デジカメ Watch
最新ニュース
【 2016/05/27 】
【 2016/05/26 】
【 2016/05/25 】
【 2016/05/24 】
【 2016/05/23 】

マミヤ、セコールDレンズ「AF 28mm F4.5」をアップデート

〜絞り表示不能を解消、645AFDでも使用可能に

 マミヤ・デジタル・イメージングは27日、交換レンズ「AF 28mm F4.5 D Aspherical」の対応カメラについて告知を行なった。ボディによりソフトウェアのバージョンアップが必要になる。

 対応内容は、5月2日に発表した「AF 75-150mm F4.5 D」と同様。デジタル一眼レフカメラ「Mamiya ZD」と中判カメラ「645AFD」は、モデルによりサービスセンターでのソフトウェアアップデートが必要で、レンズを装着した際、絞り値を表示しないモデルが対象となる。費用は無償。「645AFD II」は対応済み。

 また、中判カメラ「645AF」を「645AFD」に改造することで、AF 28mm F4.5 Dが使用可能になる。費用は全改造1万8,900円、ソフトウェアアップデート7,350円。

 対応するサービスセンターは次の2カ所。

  • 東京サービスセンター
    〒110-0005 東京都台東区上野2-14-22 明治安田生命ビル4階
    Tel:03-5688-8036
  • 大阪サービスセンター
    〒550-0015 大阪府大阪市西区南堀江1-10-11 西谷ビル1階
    Tel:06-6541-5631


 AF 28mm F4.5 D Asphericalは、AF 75-150mm F4.5 Dと同じく「マミヤセコールD」シリーズの1製品。同社の中判デジタルカメラ「Mamiya ZD」で使用した場合、35mm判換算で焦点距離20mmにい相当する画角が得られる。645判では35mm判換算17mm相当。発売時期は6月、価格は67万2,000円。



URL
  マミヤDI
  http://www.mamiya.co.jp/
  ニュースリリース
  http://www.mamiya.co.jp/news_20070727.html

関連記事
マミヤ、「AF 75-150mm F4.5 D」で絞り表示の不具合(2007/05/07)
マミヤ、デジタル対応中判レンズ「セコールD」シリーズ2本(2007/03/22)


( 本誌:折本 幸治 )
2007/07/27 16:14
デジカメ Watch ホームページ
・記事の情報は執筆時または掲載時のものであり、現状では異なる可能性があります。
・記事の内容につき、個別にご回答することはいたしかねます。
・記事、写真、図表などの著作権は著作者に帰属します。無断転用・転載は著作権法違反となります。必要な場合はこのページ自身にリンクをお張りください。業務関係でご利用の場合は別途お問い合わせください。

Copyright (c) 2007 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.