デジカメ Watch
最新ニュース
【 2014/10/22 】
【 2014/10/21 】
【 2014/10/20 】
【 2014/10/17 】
【 2014/10/16 】

コシナ、ニコンFマウントの「カールツァイス ディスタゴンT*」

〜25mm F2.8と35mm F2、M42マウントも発売

 コシナは20日、ニコンFマウントに対応したCarl Zeiss(カールツァイス)レンズ2本の国内発売を発表した。発売時期は、「Distagon(ディスタゴン) T* 2.8/25(25mm F2.8) ZF」が2007年1月、「Distagon T* 2/35(35mm F2) ZF」が12月1日。価格はともに93,975円。

 なお、上記2本のM42マウント版「Distagon T* 2.8/25 ZS」と「Distagon T* 2/35」も2007年春の発売が決まった。


Distagon T* 2.8/25 ZF Distagon T* 2/35 ZF

 Carl ZeissがPhotokina 2006で公開した新レンズ4本のうちの2本。歴史ある広角レンズの名称「ディスタゴン」を冠した新設計のMFレンズで、ニコン用ZFレンズは「Planar(プラナー) T* 1.4/50(50mm F1.4) ZF」、「Planar 1.4/85(85mm F1.4) ZF」に続く製品化となる。


レンズシェード。上から25mm F2.8用、35mm F2用
 ツァイス伝統の焦点距離25mmを継承する25mm F2.8は、レンズ構成8群10枚の単焦点広角レンズ。ディストーションを最小限に抑えたほか、解像力は「最良のカラーフィルム性能を凌駕する」という。将来登場する超高解像度デジタルカメラにも対応するとしている。

 最短撮影距離は0.17m。9枚羽根の絞りを採用する。フィルター径は58mm。本体サイズは65×66mm(最大径×全長、ZSは全長67mm)、重量は460g。バヨネット式のレンズシェード(フード)が付属する。

 35mm F2は、レンズ構成7群9枚、最短撮影距離0.3mの単焦点広角レンズ。同じく新設計で、フローティング機構を採用。ディストーションの低減や高度なフレアコントロールを図ったという。

 絞り羽根は9枚。フィルター径は58mm。本体サイズは65×73mm(最大径×全長、ZSは74mm)、重量は510g。



URL
  コシナ
  http://www.cosina.co.jp/
  製品情報(Distagon T* 2.8/25 ZF/ZS)
  http://www.cosina.co.jp/seihin/co/zf-25/
  製品情報(Distagon T* 2/35 ZF/ZS)
  http://www.cosina.co.jp/seihin/co/zf-35/

関連記事
【Photokina 2006】コシナがカールツァイスレンズ6本を発表(2006/09/29)
コシナ、ニコン用ツァイスレンズ「ZF」を国内で正式発表(2006/01/20)


( 本誌:折本 幸治 )
2006/11/22 02:51
デジカメ Watch ホームページ
・記事の情報は執筆時または掲載時のものであり、現状では異なる可能性があります。
・記事の内容につき、個別にご回答することはいたしかねます。
・記事、写真、図表などの著作権は著作者に帰属します。無断転用・転載は著作権法違反となります。必要な場合はこのページ自身にリンクをお張りください。業務関係でご利用の場合は別途お問い合わせください。

Copyright (c) 2006 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.