デジカメ Watch
最新ニュース
【 2014/09/02 】
【 2014/09/01 】
【 2014/08/29 】
【 2014/08/28 】
【 2014/08/27 】

【伊達淳一のレンズが欲しいッ!】
シグマ 17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO

〜コンパクトデジカメ顔負けに寄れる標準ズーム

 このズームの最大の特徴は、ズーム全域で20cmまで近寄れることだ。コンパクトカメラのようにレンズ前から測って20cmではなく、撮像素子面から20cmなので、テレ端までズームして最短撮影距離の20cmで撮影すると、被写体とレンズ前玉の距離はわずか数cmしかない。付属のフードを装着している場合には、フードが被写体に当たってしまうくらい寄れる。

 かつて、ここまで寄れる標準ズームが果たしてあっただろうか ?28mm相当の画角で20cmまで寄れるということは、35mm一眼レフにシグマ28mm F1.8をつけたのと同じくらいワイドで寄りの撮影が行なえる。最大撮影倍率は1:2.3で、型番のMACROと名称に偽りなしだ。

 開放F値もF2.8-4.5と並の標準ズームよりも明るい。ただ、よくよく考えてみるとニコンAF-S DXニッコール ED 18-70mm F3.5-4.5 Gに比べ、ワイド端の焦点距離が1mm短く、テレ端の開放F値が2/3段明るいだけである。そういう意味では、すでにレンズキット等を購入して廉価版の標準ズームを持っている人にとっては、このズームに買い替えたり、買い足したくなるほどの強い魅力があるかどうかは、ちょっと微妙なところだ。

 とはいえ、写りはかなり極上。太陽など強い光源に向けて撮影すると、光源の位置や焦点距離域によってそれなりにゴーストやフレアは発生するものの、大口径ズームにありがちな絵をぶち壊すような盛大なゴーストやフレアではない。今回、D200を“仕上がり設定=標準”にセットして撮影しているが、うっかり輪郭強調を高めて撮影してしまったかと焦るくらい、切れのよい描写だ。


ズームワイド端とテレ端における鏡胴の長さを比較。鏡胴には撮影倍率を示す指標が設けられている 左がシグマ17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO、右がニコンAF-S Nikkor ED 18-70mm F3.5-4.5G ED。ニコン純正よりもワイド端でわずか2/3段明るいだけだが、最短撮影距離はニコンが38cmなのに対し、シグマは20cmまで寄れるのが大きなアドバンテージだ

付属のフードを装着した状態。ズームテレ端で最短撮影距離まで近寄るとフード先端が被写体に当たるくらい寄れるレンズだ 実際にズームテレ端で最短撮影距離付近で撮影している状態。フードがジャマになるので外して撮影している

 歪曲収差はワイド端で少し陣傘型ではあるが、わざと直線を画面端に入れなければ目立つというほどではない。24mm域までズームすれば、あとはテレ端までほぼ歪みは気にならない。また、ワイド端で絞り開放で撮影すると、少しだけ四隅が暗くなるが、F2.8という開放F値としては結構余裕のある設計のように思う。

 このズームをお薦めしたいのは、これからデジイチを買おうかと思っている新規ユーザーだ。とりわけコンパクトデジカメからステップアップを図ろうとしている人にはピッタリのファーストレンズだ。というのも、コンパクトデジカメは一眼レフよりもマクロに強い。その感覚で一眼レフを使うと、なんだ、せっかく高いお金を出してデジイチを買ったのに、コンパクトデジカメよりも寄れないなんてダメじゃん、ということにもなりかねない。

 その点、このズームならこれでもか、というくらい寄れるので、コンパクトデジカメと比べても近接撮影能力に遜色はない。特にテレ端では、ファインダーを覗きながらグイグイ寄っていくと、レンズ前玉にモノをぶつけかねないくらいだ。ちなみに、ワーキングディスタンス(レンズ前から被写体までの距離)は、17mmで73.5mm、70mmでは31.5mmとコンパクトデジカメ顔負けだ。


※作例のリンク先は撮影画像をコピーしたものです。
※写真下の作例データは、焦点距離(35mm判換算)/撮影モード/絞り値/シャッタースピード/露出補正/ISO感度/ホワイトバランス/AFモードを表します。


焦点距離別の絞り開放描写


17mm 35mm 70mm

焦点距離別の歪曲収差と周辺光量


17mm 24mm 35mm

50mm
70mm

作例


25mm / 露出優先 / F8 / 1/640 / 0.33 / 100 / オート 25mm / 露出優先 / F8 / 1/1250/ 0.00 / 200 / オート

105mm / 露出優先 / F4.5 / 1/640 / 0.67 / 200 / オート 25mm / 露出優先 / F2.8 / 1/1600 / 0.67 / 100 / オート

25mm / 露出優先 / F3.5 / 1/250 / 0.33 / 320 / オート 105mm / 露出優先 / F5.6 / 1/400 / 0.33 / 320 / オート

105mm / 露出優先 / F5.6 / 1/250 / 0.33 / 320 / オート 105mm / 露出優先 / F4.5 / 1/180 / -0.33 / 640 / オート

25mm / 露出優先 / F2.8 / 1/250 / -0.33 / 320 / オート 105mm / 露出優先 / F4.5 / 1/30 / 0.33 / 200 / オート

75mm / 露出優先 / F4.5 / 1/250 / 0.33 / 200 / オート 105mm / 露出優先 / F5.6 / 1/750 / 0.00 / 320 / オート

105mm / 露出優先 / F8 / 1/100 / 0.33 / 250 / オート 93mm / 露出優先 / F11 / 1/160 / 0.67 / 250 / オート

105mm / 露出優先 / F5.6 / 1/90 / 1.00 / 400 / オート 57mm / 露出優先 / F5 / 1/320 / 0.00 / 250 / オート

105mm / 露出優先 / F5 / 1/160 / 0.33 / 250 / オート 105mm / 露出優先 / F4.5 / 1/80 / 1.00 / 250 / オート

105mm / 露出優先 / F8 / 1/400 / 0.33 / 200 / マニュアル 105mm / 露出優先 / F8 / 1/800 / 0.33 / 200 / オート

25mm / 露出優先 / F11 / 1/250 / 0.00 / 200 / オート 25mm / 露出優先 / F5.6 / 1/400 / 0.00 / 200 / オート

90mm / 露出優先 / F5.6 / 1/800 / 0.00 / 200 / オート 82mm / 露出優先 / F6.3 / 1/400 / 0.00 / 200 / オート

36mm / 露出優先 / F4.5 / 1/160 / 0.67 / 200 / オート 25mm / 露出優先 / F11 / 1/320 / 0.33 / 200 / オート

93mm / 露出優先 / F5.6 / 1/640 / 0.33 / 200 / オート 82mm / 露出優先 / F7.1 / 1/500 / 0.33 / 200 / オート

25mm / 露出優先 / F11 / 1/160 / 0.33 / 200 / オート 36mm / 露出優先 / F8 / 1/125 / -0.67 / 320 / オート

105mm / 露出優先 / F4.5 / 1/90 / -0.67 / 320 / オート 75mm / 露出優先 / F4 / 1/100 / -0.67 / 400 / オート

57mm / 露出優先 / F4 / 1/125 / -0.67 / 400 / オート 105mm / 露出優先 / F4.5 / 1/250 / 0.67 / 400 / オート

105mm / 露出優先 / F5.6 / 1/1000 / 0.00 / 400 / オート 25mm / 露出優先 / F8 / 1/500 / 0.00 / 400 / オート

60mm / 露出優先 / F3.8 / 1/640 / 0.00 / 400 / オート 25mm / 露出優先 / F5 / 1/1250 / 0.00 / 200 / オート

25mm / 露出優先 / F8 / 1/400 / 0.00 / 200 / オート 105mm / 露出優先 / F8 / 1/1250 / 0.00 / 200 / オート


URL
  シグマ
  http://www.sigma-photo.co.jp
  ニュースリリース
  http://www.sigma-photo.co.jp/news/17_70_28_45_dc.htm

関連記事
シグマ、デジタル一眼レフ専用ズーム「17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO」(2006/01/17)
シグマ、17-70mm F2.8-4.5 DC MACRO キヤノン用を2月3日に発売(2006/01/27)


( 伊達 淳一 )
2006/02/03 14:08
デジカメ Watch ホームページ
・記事の情報は執筆時または掲載時のものであり、現状では異なる可能性があります。
・記事の内容につき、個別にご回答することはいたしかねます。
・記事、写真、図表などの著作権は著作者に帰属します。無断転用・転載は著作権法違反となります。必要な場合はこのページ自身にリンクをお張りください。業務関係でご利用の場合は別途お問い合わせください。

Copyright (c) 2006 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.