デジカメ Watch
最新ニュース
【 2016/05/24 】
【 2016/05/23 】
【 2016/05/20 】
【 2016/05/19 】
【 2016/05/18 】

キヤノン、「EOS 5D」の“ミラー脱落”現象を告知

〜補強部品を無償で追加

EOS 5D
 キヤノンは3日、デジタル一眼レフカメラ「EOS 5D」の一部製品において、ミラーが外れる現象がまれに起こると発表した。現象が発生した製品を無償で修理・補強する。

 キヤノンでは本現象を「接着強度の低下によりミラーが外れてしまい、ファインダー画像が確認できない」と説明。本現象を認めるとともに、さらなる品質管理の徹底を表明している。

 現象が発生したEOS 5Dについては、無償でミラー部の修理を行なう。さらに、ミラーの左右に補強部品を追加するという。

 申込はキヤノンWebサイト内「デジタル一眼レフカメラ『EOS 5D』をご使用のお客さまへ」ページに設けられた専用フォームから行なう。またはキヤノンサービスセンターおよび修理センターへの持込、または郵送・宅配も受け付けている。預かり期間は約1週間程度。

 EOS 5Dは、キヤノンが2005年10月に発売したフルサイズCMOSセンサー搭載機。初のアマチュア向けフルサイズ機として知られ、後継機「EOS 5D Mark II」が2008年11月に出るまでロングセラーを続けた。



URL
  キヤノン
  http://canon.jp/
  デジタル一眼レフカメラ「EOS 5D」をご使用のお客さまへ
  http://cweb.canon.jp/e-support/info/eos5d.html
  キヤノンEOS 5D関連記事リンク集
  http://dc.watch.impress.co.jp/cda/dslr/2005/09/29/2387.html


( 本誌:折本幸治 )
2009/02/03 12:05
デジカメ Watch ホームページ
・記事の情報は執筆時または掲載時のものであり、現状では異なる可能性があります。
・記事の内容につき、個別にご回答することはいたしかねます。
・記事、写真、図表などの著作権は著作者に帰属します。無断転用・転載は著作権法違反となります。必要な場合はこのページ自身にリンクをお張りください。業務関係でご利用の場合は別途お問い合わせください。

Copyright (c) 2009 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.