デジカメ Watch
最新ニュース
【 2016/05/30 】
【 2016/05/27 】
【 2016/05/26 】
【 2016/05/25 】
【 2016/05/24 】

オリンパス、中級デジタル一眼レフ「E-30」

〜コントラストAF、1.02倍ファインダー、フリーアングル液晶を搭載

E-30レンズキット。レンズはZUIKO DIGITAL 14-54mm F2.8-3.5 II

 オリンパスは、デジタル一眼レフカメラ「E-30」を12月20日に発売する。価格はオープンプライス。店頭予想価格は、本体のみが15万円前後、「ZUIKO DIGITAL 14-54mm F2.8-3.5 II」が付属するレンズキットが20万円前後の見込み。

 現行フラッグシップモデル「E-3」と、エントリーモデル「E-520」の中間に位置する新機種。最大5段分のボディ内手ブレ補正機構、フリーアングル液晶モニター、約5コマ/秒の連写といったE-3の機能を引き継ぎながら、本体を小型軽量化した中級機という位置付けになる。

 ただしE-3ほどの防塵防滴性能はなく、一部のネイチャー撮影など過酷な環境での撮影は、E-3の方が適しているという。また、視野率をはじめファインダー性能も、わずかにE-3が上回っており、フラッグシップとしてのE-3の位置付けは変わらない。


マルチアスペクトやアートフィルターを搭載

 オリンパス機初の特徴としては、新タイプの画像処理エンジン「TruePic III+」の搭載が挙げられる。これにより従来の低輝度側の深い階調を残したまま、高輝度側の階調を広げることに成功、より広いダイナミックレンジを達成したという。従来通り、コントラストの強い被写体で白とびや黒つぶれを防ぐ階調オートも選択できる。

 また、Eシステム初の「アートフィルター」機能を搭載。「ポップアート」、「ファンタジックフォーカス」、「デイドリーム」、「ライトトーン」、「ラフモノクローム」、「トイフォト」の6種類で、特殊なレンズ、外付けフィルター、モノクロ現像などをシミュレートしたものになる。ファミリー層が多い他社のデジタル一眼レフカメラと比べ、Eシステムは独身女性層の占める割合が多いことを踏まえた機能でもあるという。

 アートフィルターはダイヤル上の専用モードから起動する。パラメーターの微調整は行なえず、JPEGのみに効果をかけることができる。RAW+JPEGの場合はJPEGにだけ適用される。現時点ではカメラ内でのフィルター適用や、OLYMPUS Studioなどでの後処理にも対応していないが、オリンパスでは「PC上で複雑な画像処理をすることなく、クリエイティブな写真表現を手軽に楽しめる」としている。




 また、撮影時に9種類のアスペクト比を選べるようになった。16:9、6:6、3:2、5:4、7:6、6:5、7:5、3:4から選択できる。ライブビュー時だけでなく、光学ファインダー撮影時にも各アスペクト比を利用できる。

 さらに電子水準器をオリンパス機として初めて搭載。水平傾きに加え、あおり方向にも対応した2方向タイプで、ファインダー内、コントロールパネル上、ライブビューモニター上にそれぞれ表示できる。

 そのほか、RAW画像での多重露光機能が加わった。最大4コマまでの多重露光がカメラ内で可能。自動ゲイン補正機能もあり、カード内の撮影済み画像も重ねられる。RAWは12bitのロスレス圧縮。

 操作面では、AF測距点の選択を十字ボタンでダイレクトに指定できるようになった。従来は選択前に測距点選択ボタンを押す必要があったが、E-30では設定により、測距点をそのまま移動できる。

 背面にメインダイヤル、グリップ前部にサブダイヤルを搭載。左手側にはモードダイヤルを備え、プログラムAE、絞り優先AE、シャッター優先AE、マニュアル露出などをここで選択する。E-3は撮影モードボタンを押しながら、メインダイヤルで変更する方式だった。


撮像素子は新開発。AFセンサーはE-3と同等

 E-3より高機能な点は、E-520やE-420が搭載する「ハイスピードイメージャAF」(コントラストAF)が利用できること。ライブビュー時に、ミラーの動作なしでAFが作動する。最大8人までの顔検出機能も搭載。なお、キットレンズのZUIKO DIGITAL 14-54mm F2.8-3.5 IIもハイスピードイメージャAFに対応している。

 また、液晶モニターがE-3の2.5型から2.7型のハイパークリスタルII液晶になった。E-3と同じく2軸可動式のフリーアングルとなっている。


液晶モニターはE-3の2.5型から大型化した 2.7型約23万画素のフリーアングル液晶を搭載

CFとxDのダブルスロットを備える 内蔵ストロボを搭載。コマンダー機能も利用できる


撮像素子は新開発の有効1,230万画素 ボディ内手ブレ補正やSSWFも搭載する

断面図(側面) 断面図(底面)

透視図 透視図(断面)


 撮像素子は、新開発の有効1,230万画素4/3型ハイスピードLiveMOSセンサー。最高感度はE-3と同じくISO3200。超音波防塵フィルターの「SSWF」も備える。

 ファインダーは視野率約98%、倍率約1.02倍のガラスペンタプリズム。数値的にはE-3より劣るものの、E-520やE-420より高倍率になっている。

 E-3と同じく、全点ツインクロスセンサーの11点AFセンサーを採用。AF速度もE-3と同等としている。測距精度範囲は-2〜19EV。5コマ/秒の連写性能、最高1/8,000秒のシャッター速度などもE-3と同等となる。

 CFとxDピクチャーカードのダブルスロットを装備。内蔵ストロボには、多灯ストロボに対応したコマンダー機能を備えている。

 バッテリーはE-3やE-520と同じBLM-1。E-3のバッテリーグリップ「HLD-4」が利用できる。

 本体サイズは141.5×75×107.5mm(幅×奥行き×高さ)。重量は約655g。E-3より約155g軽くなっている。


ガラスペンタプリズム ファインダー断面図

AFセンサー ファインダー内

バッテリーグリップHLD-4装着時
現行機種との比較(主な仕様)

  E-30 E-520 E-420 E-3
発売時期 2008年12月 2008年5月 2008年4月 2007年11月
店頭価格(発売時、ボディのみ) 15万円前後 8万円前後 6万円前後 20万円前後
撮像素子 タイプ ハイスピード
LiveMos
LiveMos ハイスピード
LiveMos
有効画素数 約1,230万 約1,000万 約1,010万
サイズ 17.3×13mm
最高感度 ISO3200 ISO1600 ISO3200
手ブレ補正機構 形式 撮像素子シフト式 撮像素子シフト式
最大有効
補正範囲
5EV 4EV 5EV
ダスト対策 SSWF(超音波防塵フィルター)
ハイスピードイメージャAF
防塵防滴
ファインダー 視野率 約98% 約95% 約100%
倍率 約1.02倍 約0.92倍 約1.15倍
アイポイント 約24.2mm 約14mm 約20mm
スクリーン 交換式 固定式 交換式
アイピース
シャッター
別付 内蔵
位相差AF測距点 11点 3点 11点
シャッター 最高速度 1/8,000秒 1/4,000秒 1/8,000秒
ストロボ
同調速度
1/250秒以下 1/180秒以下 1/250秒以下
連写 約5コマ/秒 約3.5コマ/秒 約5コマ/秒
液晶モニター サイズ 2.7型 2.5型
ドット数 約23万画素
フリーアングル
水準器
メディア
スロット
CF
xD
内蔵ストロボ GN(ISO100) GN13 GN12 GN13
コマンダー機能
電源 使用電池
(本体のみ)
BLM-1 BLS-1 BLM-1
バッテリー
グリップ
HLD-4 HLD-4
本体サイズ 141.5mm 136mm 129.5mm 142.5mm
奥行 75mm 68mm 53mm 74.5mm
高さ 107.5mm 91.5mm 91mm 116.5mm
重量(本体のみ) 約655g 約475g 約380g 約810g


【2008年11月7日】マルチアスペクト比の撮影について補足・訂正しました。ライブビュー時以外にでもマルチアスペクト比が利用できます。
【2008年11月7日】表中で「E-420」の重量を誤って記載しておりました。正しくは380gです。お詫びして訂正いたします。



URL
  オリンパス
  http://www.olympus.co.jp/
  製品情報
  http://olympus-imaging.jp/product/dslr/e30/

関連記事
オリンパス、「E-30」購入で1万円をキャッシュバック(2008/11/05)
オリンパス、コントラストAFに対応した「14-54mm F2.8-3.5 II」(2008/11/05)


( 本誌:折本幸治 )
2008/11/05 14:09
デジカメ Watch ホームページ
・記事の情報は執筆時または掲載時のものであり、現状では異なる可能性があります。
・記事の内容につき、個別にご回答することはいたしかねます。
・記事、写真、図表などの著作権は著作者に帰属します。無断転用・転載は著作権法違反となります。必要な場合はこのページ自身にリンクをお張りください。業務関係でご利用の場合は別途お問い合わせください。

Copyright (c) 2008 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.