デジカメ Watch
最新ニュース
【 2016/05/31 】
【 2016/05/30 】
【 2016/05/27 】
【 2016/05/26 】
【 2016/05/25 】

ニコン、フルサイズセンサー搭載のデジタル一眼レフ「D700」

〜D300並に小型軽量化、センサークリーニング機構も

D700。装着レンズは、レンズキット付属のAF-S VR Zoom Nikkor ED 24-120mm F3.5-5.6 G (IF)

 ニコンは、フルサイズの撮像素子を搭載したデジタル一眼レフカメラ「D700」を25日に発売する。価格はオープンプライス。店頭予想価格は、ボディのみが33万円前後、「AF-S VR Zoom Nikkor ED 24-120mm F3.5-5.6 G (IF)」が付属するレンズキットが40万円強の見込み。

 35mmフルサイズセンサーを搭載するニコン「FXフォーマット」採用モデルの第2弾。第1弾の「D3」に続き、D3と共通のCMOSセンサーを搭載する。画質面におけるD3との共通点を持ちながら、APS-Cサイズ相当のCMOSセンサー(DXフォーマット)を採用する「D300」に、本体サイズや外観を近づけた。

 装着レンズの画角は、そのままレンズ表記の焦点距離に相当。フル解像度での撮影時にDXフォーマットのレンズを装着すると、画面周辺にケラレが生じる。ただしDXレンズ装着時には、自動的にCMOSセンサーの中心部をAPS-Cサイズ相当の画角で切り出し、約514万画素で記録する「クロップ機能」が利用できる。D3も同じくクロップ機能を備えているが、D700ではファインダー内の表示方法を2種類から選べるようになった。


D300、D60に続き「イメージセンサークリーニング」を搭載

 D3にない新機能としては、D300やD60で採用例のある「イメージセンサークリーニング」機構が挙げられる。ローパスフィルターを4種の共振周波数で振動させ、付着したゴミやホコリをふるい落とす仕組み。

 もうひとつD3と大きく違う点は、ファインダー視野率が約100%ではなく、約95%にとどまること。倍率は約0.72倍、アイポイントは約18mm。なお、ファインダー接眼窓はD3と同様の丸形で、D300にないアイピースシャッターも備える。


正面 背面

 ファインダー周りを除くと、外見はD3よりもD300に近い。ただし、D300にはないinfoボタンを背面に備えているのが特徴。独立したinfoボタンはD40x、D40などにもあったが、中上級クラスのボディでの採用は初めてとなる。D3やD300にもあった撮影情報表示を背面液晶モニターに表示するもの。ただしD700では、再度infoボタンを押すことで、撮影情報表示からカスタムセッティングの一部のメニューを呼び出せるようになった。


フル解像度で最大8枚/秒の連写が可能

D700にマルチパワーバッテリーグリップ「MB-D10」を装着。最大8枚/秒の連写が可能になる

 D300とは、リチウムイオン充電池「EN-EL3e」や、マルチパワーバッテリーグリップ「MB-D10」などを共用可能。D300と同じく、MB-D10の有無や使用バッテリーによって連写速度が異なる。

 具体的には、ボディのみの状態(EN-EL3e×1)で約5枚/秒。MB−D10に「EN-EL4a」、または単3電池8本を装着すると、約8コマ/秒での連写が可能になる。撮像素子の読み出しは12ch。

 なお、EN-EL3e×1で約1,000枚、EN-EL3eとEN-EL4aの併用で約2,900枚の撮影が行なえる(いずれもCIPA規格準拠)。

 ライブビューもD3、D300と同等。位相差検出式AFの「手持ち撮影モード」と、コントラスト検出式AFの「三脚撮影モード」が利用できる。新たな機能として、D3で使えた「電子水準器」が、ライブビュー中でも使用可能になった。


ISO25600に対応、内蔵ストロボも装備

 最高感度はISO6400相当で、拡張設定時にはISO25600相当の増感が可能。D3およびD300と共通のAFセンサーを搭載し、測距点は51点。1,005分割RGBセンサーによる「シーン認識システム」も継承する。画像処理コンセプト「EXPEED」を採用し、「ピクチャーコントロール」、「アクティブD-ライティング」といった、D3やD300の主要機能を備える。

 液晶モニターは3型約92万ドット。UDMA対応のCFスロットを1つ搭載。HDMI端子はD3やD300より小型のCタイプになった。内蔵ストロボを搭載し、ニコンクリエイティブライティングシステムにも対応する。内蔵ストロボは、FXフォーマットで広角側24mm相当の画角をカバーできる。D300ではDXフォーマット時18mm(FXフォーマットで27mm相当)までだった。

 本体サイズは147×77×123mm(幅×奥行き×高さ)、重量は約995g。D300より170g重い。外装はマグネシウム合金製で、防塵防滴構造となっている。なお、ボディ前面のシンクロ端子や10ピン端子のカバーの形状がD300と異なっている。

 なお、D3/D300用のワイヤレストランスミッター「WT-4」も使用可能。RAW現像ソフト「Capture NX2」をはじめ、画像真正性検証ソフトウェア、Camera Control Pro 2といった別売ソフトにも対応する。


現行機種との比較(主な仕様)

  D700 D3 D300
発売日時 2008年
7月25日
2007年
11月30日
2007年
11月23日
店頭価格(発売時、ボディのみ) 33万円前後 58万円前後 23万円前後
撮像素子 タイプ CMOSセンサー
有効画素数 1,210万 1,230万
サイズ 36×23.9mm 23.6×15.8mm
感度 通常設定 ISO200〜6400 ISO200〜3200
拡張設定 〜ISO25600 〜ISO6400
イメージセンサークリーニング
ライブビュー
防塵防滴
ファインダー 視野率 約95% 約100%
倍率(35mm換算) 約0.72倍 約0.7倍 約0.62倍
アイピースシャッター 内蔵 別付
位相差AF測距点 51点
最高シャッター速度 1/8,000秒
連写(フル画素) 本体のみ 約5枚/秒 約9枚/秒 約6枚/秒
MB-D10装着時 約8枚/秒 約8枚/秒
液晶モニター サイズ 3型
ドット数 約92万
メディアスロット タイプ×スロット数 CF×1 CF×2 CF×1
UDMA
内蔵ストロボ GN(ISO100・m) 12 12
コマンダー機能
電源 使用電池
(本体のみ)
EN-EL3e EN-EL4a EN-EL3e
バッテリーグリップ MB-D10 MB-D10
本体サイズ 147mm 159.5mm 147mm
奥行 77mm 87.5mm 74mm
高さ 123mm 157mm 114mm
重量(本体のみ) 約995g 約1,240g 約825g


【2008年7月1日】製品画像2点を追加しました。



URL
  ニコン
  http://www.nikon.co.jp/
  ニュースリリース
  http://www.nikon.co.jp/main/jpn/whatsnew/2008/0701_d700_01.htm
  製品情報
  http://www.nikon-image.com/jpn/products/camera/slr/digital/d700/index.htm
  ニコンD3関連記事リンク集
  http://dc.watch.impress.co.jp/cda/dslr/2007/08/24/6896.html
  ニコンD300関連記事リンク集
  http://dc.watch.impress.co.jp/cda/dslr/2007/08/24/6897.html


( 本誌:折本 幸治 )
2008/07/01 13:08
デジカメ Watch ホームページ
・記事の情報は執筆時または掲載時のものであり、現状では異なる可能性があります。
・記事の内容につき、個別にご回答することはいたしかねます。
・記事、写真、図表などの著作権は著作者に帰属します。無断転用・転載は著作権法違反となります。必要な場合はこのページ自身にリンクをお張りください。業務関係でご利用の場合は別途お問い合わせください。

Copyright (c) 2008 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.