デジカメ Watch
最新ニュース
【 2016/05/30 】
【 2016/05/27 】
【 2016/05/26 】
【 2016/05/25 】
【 2016/05/24 】

オリンパス、E-520を披露する「Photo Festa」を開催


 オリンパスは1日、新製品のデジタル一眼レフカメラ「E-520」と「E-420」の紹介をメインにしたユーザー向けイベント「オリンパスPhoto Festa」を開催した。会場は、東京都渋谷区の表参道ヒルズB3Fスペース[O:](オー)。


開場直後の様子

5月29日発売のE-520


4月発売のE-420もほぼ同数を展示した

左からE-520、E-3、E-420


 なお同様のイベントを名古屋、大阪でも開催する。入場は無料。スケジュールは次の通り。

日程 開催地 会場 開催時間
6月8日 名古屋 ナディアパーク2F アトリウム 10時〜18時
6月22日 大阪 ビルボードライブ大阪 10時〜19時


 会場は大きくわけて、左半分がE-520、右半分がE-420を紹介するスペースに分かれ、それぞれに実機を配置した試写スペースが置かれていた。前々日に発売したE-520が主役だが、E-420を試す人も多く見受けられた。また、昨秋に発売したフラッグシップモデルのE-3も数台展示。こちらを手に取る人も多く、発売以来の人気のほどがうかがえる。

 ユニークなのは、対面式のカウンターをなくし、来場者が立食パーティーのように自由に試写スペースを渡り歩く構成をとっていること。対面式のカウンターは、レンズ体験コーナー、デジタルカメラ診断コーナー、クリーニングコーナーに限られていたのが印象的だった。


E-3やE-520で撮影した作品が並ぶ

E-420とZUIKO DIGITAL 25mm F2.8の軽量さをアピール


こちらはE-520と他社製品の比較

レンズ体験コーナー


試写スペースのひとつ。スイーツ撮影講座でも使用

こんな試写コーナーもあった。左にはカメラマンの部屋らしきミニチュアが

E-3のカットモデル

E-3のパーツ展示


デジタルカメラ診断コーナー。サービスセンターの担当者が会場でカメラを見てくれる

OMアダプターを介してE-520にZUIKO AUTO-S 50mm F1.4を装着した展示も


4月発売のE-420用のボディジャケットとレンズジャケットも


 出口付近には、CMキャラクターを務める宮崎あおいさんをフィーチャーしたコーナーがあった。

 例えば、宮崎さん自作のストラップ(レプリカ)をもとに、E-520とE-420のドレスアップを提案した展示や、オリンパスのWebサイトで展開していたフォトブログの作品展を実施。ファンには見応えのある内容となっていた。


宮?アあおいさんの自作ストラップのレプリカ

E-520に宮崎さんの自作ストラップ(レプリカ)を組み合わせた展示


E-410の発売時から続いた「宮崎あおいフォトログ」の作品展も


 コンパクトデジタルカメラ「μ」および「CAMEDIA」に関するコーナーはなかったが、午前と午後の2回、μシリーズのイメージキャラクターを務める浅田舞さんがステージに立ち、写真家の斎藤巧一郎氏に自信の写真を披露する場面があった。

 浅田さんは前日、京都で開催された女性限定の写真セミナー「フォトルージュ」に参加。そこで初めて一眼レフカメラに挑戦し、町並みのスナップなど撮影にいそしんだという。

 会場ではZUIKO DIGITAL 25mm F2.8を装着したE-420を首から下げて登場。「コンパクトデジタルカメラとはまた違う感覚。一眼レフカメラを持つと、撮るものが思わず変わるのが自分でも面白かった」と語った。


E-420とZUIKO DIGITAL 25mm F2.8を手に浅田舞さんが登場

斎藤巧一郎氏と語り合う浅田舞さん


浅田さんの作品を講評しながらステージが進む

退場時にアンケートに答えると、東京会場ではレンズポーチがもらえた



URL
  オリンパス
  http://www.olympus.co.jp/
  オリンパスPhoto Festa
  http://fotopus.com/school/real/photofesta/
  オリンパスE-520関連記事リンク集
  http://dc.watch.impress.co.jp/cda/dslr/2008/05/20/8468.html
  オリンパスE-420関連記事リンク集
  http://dc.watch.impress.co.jp/cda/dslr/2008/03/14/8123.html


( 本誌:折本 幸治 )
2008/06/02 01:09
デジカメ Watch ホームページ
・記事の情報は執筆時または掲載時のものであり、現状では異なる可能性があります。
・記事の内容につき、個別にご回答することはいたしかねます。
・記事、写真、図表などの著作権は著作者に帰属します。無断転用・転載は著作権法違反となります。必要な場合はこのページ自身にリンクをお張りください。業務関係でご利用の場合は別途お問い合わせください。

Copyright (c) 2008 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.