デジカメ Watch
最新ニュース
【 2016/05/26 】
【 2016/05/25 】
【 2016/05/24 】
【 2016/05/23 】
【 2016/05/20 】

ペンタックス、ゴミ除去機能搭載一眼レフ「K100D Super」


K100D Super
 ペンタックスは、デジタル一眼レフカメラ「K100D Super」を7月12日より発売する。価格はオープンプライスだが、店頭予想価格は7万円台半ばの見込み。標準ズームレンズ「DA 18-55mm F3.5-5.6 AL」とのセットモデルも用意され、店頭予想価格は9万円前後の見込み。

 2006年7月に発売されたデジタル一眼レフカメラ「K100D」の後継機。有効610万画素APS-CサイズのCCDを搭載する。実撮影画角はレンズ表記の焦点距離の1.5倍相当(35mm換算)。

 K100Dとの違いは、CCD表面のゴミの付着を防ぐ“DR(Dust Removal)”の搭載、レンズ内に搭載された超音波モーターによるAF機構“SDM”とSDHCメモリーカードの対応、外部電源供給端子を新設、など。なお、SDHCメモリーカードは、K100Dもファームウェアのアップデートで実現できる。

 電源接点が追加されたことで、レンズマウントがK100DのKAFから、K10Dと同じKAF2になった。しかし、電源接続のSDMレンズへの電源供給にのみ使われ、一部のFAレンズやFA★レンズが搭載するパワーズームには対応しない。




メニュー画面にもDR(Dust Removal)の項目が追加される

 外観の変更点は、マウント右側の滑り止めのカラーがブラックになったこと。さらに、SDHCメモリーカードやカメラ名のロゴなど。本体サイズは129.5×70×92.5mm(幅×奥行き×高さ)と変わりはないが、重量は10g増えて570gになった。

 同梱ソフトは、RAWデータ展開ソフト“PENTAX PHOTO Laboratory 3”と画像閲覧ソフト“PENTAX PHOTO Browser 3”。

 そのほかの仕様は従来モデルと同等。手ブレ補正を実現する“SR(Shake Reduction)”や画像処理エンジンはK100Dと同じものを搭載する。記録形式はJPEGとRAW、連写は秒間2.8枚、最高シャッター速度は1/4,000秒、シンクロ速度は1/180秒以下となっている。

 ファインダーはペンタミラー方式。倍率は0.85倍で視野率は96%。AFセンサーには中央部クロス9点の11点「SAFOX VIII」。2.5型液晶モニターは約21万画素。電源はCR-V3リチウム電池×2、または単3電池×4。単3三電池はリチウム電池、ニッケル水素充電池、アルカリ電池に対応。CIPA準拠の撮影可能枚数は約730枚(CR-V3)。


 なお、K100D Superの発売を記念したキャンペーンが開催される。期間中の同機ボディを購入すると、1GBのSDメモリーカードと、アルティザン&アーティストとペンタックスのコラボレーションによるストラップがもらえる。さらにレンズキットの購入者にはこれらに加えて三洋電機「ニッケル水素充電池eneloop」と専用充電器がもれなくもらえる。



URL
  ペンタックス
  http://www.pentax.co.jp/
  ニュースリリース
  http://www.pentax.co.jp/japan/news/2007/200751.html
  製品情報
  http://www.digital.pentax.co.jp/ja/35mm/k100d-super/
  ペンタックス K100D 関連記事リンク集
  http://dc.watch.impress.co.jp/cda/dslr/2006/07/03/4128.html
  アルティザン&アーティスト
  http://www.aaa1.co.jp/


( 本誌:織原 博貴 )
2007/06/28 09:58
デジカメ Watch ホームページ
・記事の情報は執筆時または掲載時のものであり、現状では異なる可能性があります。
・記事の内容につき、個別にご回答することはいたしかねます。
・記事、写真、図表などの著作権は著作者に帰属します。無断転用・転載は著作権法違反となります。必要な場合はこのページ自身にリンクをお張りください。業務関係でご利用の場合は別途お問い合わせください。

Copyright (c) 2007 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.