デジカメ Watch
最新ニュース
【 2016/05/25 】
【 2016/05/24 】
【 2016/05/23 】
【 2016/05/20 】
【 2016/05/19 】

ソニー、「α100」体験イベントを新宿で開催


α100
 ソニーは24日と25日、デジタル一眼レフカメラ「α100」のユーザー向けイベントを東京の新宿パークタワーで開催した。購入検討者が実機を体験できるという内容で、参加費は無料。同様のイベントを大阪、名古屋、福岡、広島でも行なう。

 会場の中心は、α100、DT 18-70mm F3.5-5.6、75-300mm F4.5-5.6を手に取って試せるハンズオンコーナー。さらにモデルを使った撮影体験コーナーも側にあり、撮影した画像は隣の出力コーナーでプリントアウトするという流れ。同社のフォトプリンタに加えてエプソンの複合機も利用でき、プリントアウトを持ち帰ることも可能(データの持ち出しは禁止)。24日の場合、製品版と同等の実機が計16台稼働していた。


会場入口 全景

70-300mm F3.5-5.6 G(左)とDT 18-70mm F3.5-5.6を装着したα100(右) こちらはシルバーボディ。マウント周りだけ色が異なるのが特徴

ハンズオンコーナー 計16台の実機が用意された

モデル撮影コーナー 出力コーナーにはエプソンの複合機が

 ハンズオンコーナーの向かいには、α100と共に発表されたレンズやアクセサリーをずらりと展示。3本のCarl Zeiss(カールツァイス)レンズに熱いまなざしを送るαユーザーも多く、「発売はいつ?」、「銀塩αでも使えるのか?」などの質問が相次いでいた。

 また、ミノルタ時代から続くGレンズのコーナーも人気で、70-200mm F2.8 Gや300mm F2.8 Gについては、「よくぞ白色のまま出してくれた」との声も。35mm F1.4 G、135mm F2.8 STF、500mm F8 Reflexなど名レンズの復活を喜ぶファンも見られた。

 ソニーらしいのは、薄型テレビのブラビアやレコーダーのスゴ録との連携展示。特に、写真をレコーダー内でHDビデオクリップに自動編集する「x-Pict Story HD」搭載の「RDZ-D77」などを大きく採り上げていた。

 スタッフによると、来場者の年齢層は予想以上に幅広いという。ちょうど1年前にコニカミノルタが行なったα Sweet DIGITALのお披露目イベントは、家族連れを中心としたものだった。しかし、今回は年配のベテランユーザーや10代のカップルなど多彩だ。その中でも多いのがαユーザーで、α-7、α-9、α-7 DIGITALを首から下げた来場者が目につく。新ボディはもとより、レンズコーナーに熱い視線を送る人も見られた。


Planar T* 135mm F1.4 ZA Planar T* 85mm F1.4 ZA

Vario-Sonnar T* DT 16-80m F3.5-4.5 ZA 35mm F1.4 G

70-200mm F2.8 G 300mm F2.8 G

135mm F2.8 STF(左)と500mm F8 Reflex(右) 単焦点の充実がソニーαレンズの特徴

α専用ストロボ。手前からHVL-F56AMと同F36AM カメラ用としては珍しいツインチャージャーのAC-VQ900AM

ソフトキャリングケースLCS-AMA ショルダーストラップSTP-SH1AMにもシナバーカラーが

システム展示コーナー。ソニーの場合はテレビやPCなど 撮影画像をHDのスライドショーにできるRDZ-D77A

 ソニーはαブランドの立ち上げ時に専用ページを設けてアンケートを行ない、その中に自由記入欄を設けたという。すると、この手の企画でかつてなかったほど、αユーザーからの大量の書き込みが寄せられたそうだ。「αを復活させてくれてありがとう」といった激励の内容が多く、関係者も改めて気が引き締まる思いだという。ソニーとしてαは、2005年冬のブラビアに次ぐ新ブランドの立ち上げになる。

 会場全体は黒地にシナバーカラーのαロゴに統一され、スタッフのTシャツデザインもブラック×シナバーに統一。また、スタッフにはコニカミノルタから移籍した人員も見られ、αユーザーの細かい質問や要望に対し、スムーズに答える姿が印象的だった。

 スタッフによると、ボディの金型でα Sweet DIGITALとはっきり変えたのは、マウント周りのエプロン部になるという。さらにエプロン部は他のボディ素材と色や素材感を異なるものにするなど、従来の一眼レフカメラではあまりなかったデザインケースを採用。さらに、ブラックとシルバーでダイヤルのメッキやプリントを変えるなど、細かいデザインに凝ったそうだ。そのおかげか会場ではシルバーの受けもよく、来場者からは「写真で見るより斬新」という意見もあったという。


受付。スタッフのTシャツにもシナバーカラーのαロゴが 後ろにはαマウントのプリントも

 同イベントの今後のスケジュールのは次の通り。

  • 大阪:7月1日13時〜17時(なんばパークスタワー)
  • 大阪:7月2日10時〜17時(同上)
  • 名古屋:7月8日13時〜17時(東桜会館)
  • 名古屋:7月9日10時〜17時(同上)
  • 福岡:7月16日10時〜17時(アクロス福岡)
  • 広島:7月22日10時〜17時(広島国際会議場)



URL
  ソニー
  http://www.sony.co.jp/
  製品情報
  http://www.sony.jp/products/di-world/alpha/
  レンズ交換式デジタル一眼レフカメラ機種別記事リンク集(α100)
  http://dc.watch.impress.co.jp/static/link/dslr.htm#alpha

関連記事
ソニー、「α100」体験イベントを7都市で開催(2006/06/06)


( 本誌:折本幸治 )
2006/06/26 00:00
デジカメ Watch ホームページ
・記事の情報は執筆時または掲載時のものであり、現状では異なる可能性があります。
・記事の内容につき、個別にご回答することはいたしかねます。
・記事、写真、図表などの著作権は著作者に帰属します。無断転用・転載は著作権法違反となります。必要な場合はこのページ自身にリンクをお張りください。業務関係でご利用の場合は別途お問い合わせください。

Copyright (c) 2006 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.