デジカメ Watch
最新ニュース
【 2016/05/30 】
【 2016/05/27 】
【 2016/05/26 】
【 2016/05/25 】
【 2016/05/24 】

ペンタックス、ボディ内手ブレ補正搭載一眼レフ「K100D」

〜APS-Cサイズの有効610万画素機

 ペンタックスは、デジタル一眼レフカメラ「K100D」を7月下旬より発売する。価格はオープンプライスだが、店頭予想価格は7万円台半ばの見込み。標準ズームレンズ「DA 18-55mmF3.5-5.6AL」とのセットモデルも用意され、店頭予想価格は9万円前後の見込み。


磁気駆動の手ブレ補正ユニット

 同社独自の撮像素子シフト方式手ブレ補正機構「SR(Shake Reduction)」を搭載。SRでは撮像素子が磁力により動かされ、メカニカルなガイドレールが存在しない。このため摩擦が少なく、ブレに対する追従性がよいとしている。補正効果は2段分。

 SRは同社の交換レンズすべてで有効。ただしレンズ通信に対応していないレンズを装着する場合は、手動でレンズの焦点距離を入力する必要がある。対応する焦点距離は8〜800mm。

 撮像素子はAPS-Cサイズ(23.5×15.7mm)の有効610万画素CCD。最大記録画素数は3,008×2,000ピクセル。RAWモードは3,008×2,008ピクセル。記録形式はJPEGとRAW。秒間2.8コマ、JPEGで連続5枚、RAWで連続3枚までの連写が可能。

 感度はISO200〜3200。オート感度設定では、増感の上限をISO800〜3200で選ぶことができる。K100Dでは新たに、オート時の感度の範囲を液晶に表示できるようになった。


撮像素子シフト方式の手ブレ補正ユニット 手ブレ補正ユニット。ユニットを駆動するためのコイルが見える

レンズ焦点距離の手動入力画面 ISO感度の設定幅を表示可能

豊富な使用可能レンズ、シャッター速度は1/4,000秒を実現

K100Dのシャーシ。ステンレス製
 レンズマウントはペンタックスKAF。使用可能なレンズはK、KA、KAF、KAF2マウントレンズ。またアダプタを介することでスクリューマウントレンズ(M42)、645用レンズ、67用レンズを使用可能。

 シャッターユニットは電子制御式縦走行フォーカルプレーン。最高速度は1/4,000秒。シンクロ速度は1/180秒。

 ファインダーはペンタミラー方式。SR機構による重量増分を軽減するためにミラーを採用した。倍率は0.85倍。視野率は96%。

 AFセンサーは11の測距点を持つSAFOX VIIIを搭載。中央9点はクロスセンサーとなる。測距点はファインダーにスーパーインポーズ可能。AFモードはシングルとコンティニュアスを備える。

 露出モードはプログラムAE、絞り優先AE、シャッタースピード優先AE、マニュアル、バルブを備えるほか、風景、マクロ、動体、人物などのピクチャーモードを備える。また、オートピクチャーモードに設定すると、カメラが判断して自動的にピクチャーモードを切り換える。






現像ソフトがSILKYPIXエンジンに

 液晶モニターは2.5型約21万画素の低温ポリシリコンTFT液晶。上下左右140度の広視野角パネルを採用する。記録媒体はSDメモリーカード。PCとの接続はUSB 2.0。また、ガイドナンバー15.6(ISO200)の内蔵ストロボを備える。

 電源はCR-V3リチウムイオン電池×2、または単三電池×4。単三電池はリチウム電池、ニッケル水素充電池、アルカリ電池に対応。CIPA準拠の撮影可能枚数は約730枚(CR-V3)。

 ボディ外皮はエンジニアリングプラスチックだが、シャーシはステンレス製。本体サイズは129.5×70×92.5mm(幅×奥行き×高さ)、本体のみの重量は560g。

 付属するソフトウェアは現像ソフトが「PENTAX PHOTO Laboratory 3」、閲覧ソフトが「PENTAX PHOTO Browser 3」にそれぞれ進化。PHOTO Laboratoryは、市川ソフトラボラトリーの「SILKYPIX」の現像エンジンがベースとなった。


PENTAX PHOTO Laboratory 3 PENTAX PHOTO Browser 3


お問い合わせ先
  お客様相談センター
  Tel.03-3960-3200
 


URL
  ペンタックス
  http://www.pentax.co.jp/


( 本誌:田中真一郎 )
2006/05/23 10:07
デジカメ Watch ホームページ
・記事の情報は執筆時または掲載時のものであり、現状では異なる可能性があります。
・記事の内容につき、個別にご回答することはいたしかねます。
・記事、写真、図表などの著作権は著作者に帰属します。無断転用・転載は著作権法違反となります。必要な場合はこのページ自身にリンクをお張りください。業務関係でご利用の場合は別途お問い合わせください。

Copyright (c) 2006 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.