デジカメ Watch
最新ニュース
【 2016/05/25 】
【 2016/05/24 】
【 2016/05/23 】
【 2016/05/20 】
【 2016/05/19 】

キヤノン、フルサイズCMOS搭載のデジタル一眼レフ「EOS 5D」


 キヤノンは、フルサイズCMOSセンサーを搭載したデジタル一眼レフカメラ「EOS 5D」を10月上旬に発売する。価格はオープンプライス。店頭予想価格は40万円弱程度の見込み。

 プロ向けの「EOS-1D」シリーズと「EOS 20D」との間に位置するハイアマチュア向けのデジタル一眼レフカメラ。最上位機「EOS-1Ds Mark II」と同じく35mm判フルサイズ(35.8×23.9mm)のCMOSセンサーを搭載し、さらに同社のデジタル一眼レフカメラとして初の2.5型液晶モニターを搭載する。AFも新開発の「9点+アシスト6点AF」になった。同社の現行フルサイズ機はフラッグシップの「EOS-1Ds Mark II」と本機のみ。





 COMSセンサーは4チャンネル信号読み出し対応の同社製で、有効画素数は約1,280万画素。レンズ装着時の画角は35mm判フィルムカメラと同等となる。レンズマウントはEFマウント。20DやEOS Kiss Digital Nなどで使用できるEF-Sマウントレンズには対応していない。

 新開発の「9点+アシスト6点AF」は、20Dと同等の9点測距AFセンサーに加え、中央付近を重点的に測距する6点のアシスト測距点の全15点からなる。アシスト測距点はF2.8対応センサー2点とF5.6対応センサー4点。9点測距AFセンサーと異なり、AIサーボAFの特定条件で機能し、AFフレームに表示されない。任意選択も不可能。

 なお、9点測距AFフレームにも手が加えられ、水平方向のF5.6対応センサーのライン長が約2倍になっている。AFフレームの選択には、メイン/サブ電子ダイヤルのほか、20Dで初めて同社が採用したジョイスティック状「マルチコントローラー」も使用できる。

 2.5型の液晶モニターは、画素数約23万画素、視野角170度。再生面では、100画像単位、日付、フォルダ単位でのジャンプ機能も搭載する。20Dでは不可能だったRGBごとのヒストグラム表示にも対応。

 そのほか新機能として、従来の「現像パラメーター」と「カラーマトリックス」を統合した「ピクチャースタイル」を搭載している。「スタンダード」、「ポートレート」、「風景」、「ニュートラル」、「忠実設定」、「モノクロ」の6種類から選択するもので、さらにシャープネス、コントラスト、色の濃さ、色あいを従来比2倍の範囲で調整できる。モノクロはフィルター効果や調色も可能。

 また、既存のピクチャースタイルをもとに調整を加えることが可能な「ユーザー設定」も設けられている。同社サイト経由でピクチャースタイルファイルをダウンロードし、ユーザー設定に登録する機能も備える。


レンズはEF 24-105mm F4L IS USM(以下同)



 感度設定は1Ds Mark IIと同じくISO100〜1600相当で、拡張設定でISO50相当とISO3200相当にも設定できる。自社開発のカラーフィルターとオンチップマイクロレンズにより、高い集光効率を達成したという。また第2世代のオンチップノイズ除去回路を搭載し、高感度や長秒時撮影での低ノイズを実現したとしている。カスタム機能で「長秒時露光のノイズ低減」も設定可能。

 画像処理エンジンには、20Dなどと同じくDIGIC IIを採用。起動時間は0.2秒。また、高速なDDR(ダブルデータレート)SDRAMをバッファメモリに搭載している。最大連続撮影速度は約3コマ/秒。APS-Cサイズ相当の撮像素子を採用する20Dの約5コマ/秒より少ない。ただし、連続撮影枚数が、20DのRAW約6枚/JPEG約23枚から、RAW約17枚、JPEG約60枚へと増加した。

 ファインダーはガラスプリズムで倍率は0.71倍(50mmレンズ装着時、無限遠)。視野率は上下左右とも約96%。交換式のフォーカシングスクリーンを採用する。

 記録メディアはCF、Microdrive。20Dなどと同じく、RAW+JPEGの同時記録も可能で、5Dでは「ブルー/基準色温度/アンバー」と「マゼンタ/基準色温度/グリーン」の方向でのホワイトバランスブラケティングがRAW+JPEGでも行なえる。

 バッテリーはBP-511A、BP-511/512/514を使用。これらをいずれか2個、または1個を収納できる専用バッテリーグリップ「BG-E4」(29,400円)も別売で用意される。

 シャッター速度は1/8,000秒で、像消失時間は145ms。測光は35分割。1D系と同じく内蔵ストロボは装備しない。E-TTL II自動調光システムに対応する。

 外装はマグネシウム製。本体サイズは152×75×113mm(幅×奥行き×高さ)、重量は810g(本体のみ)、895g(バッテリー込み)。

 付属のCD-ROM「EOS DIGIAL Solution Disk」には、RAW現像ソフト「Digital Photo Professional」の新バージョン「2.0」を収録する。従来の同社製デジタル一眼レフカメラで撮影したRAW画像に対し、ピクチャースタイルを適用する機能や、画像を2分の1に縮小して高速表示する「クイックチェック画面」、画像選別を行なうための「チェックマーク」、「新規フォルダ作成機能」が追加された。

 また、シャープネス機能を強化し、リアルタイムで確認しながら調整できるという。さらにコピースタンプ機能が加わり、撮像素子上のゴミなど、不要なものや消去したいものを修正できる。新たにApple RGB、ColorMatch RGBの各色空間にも対応した。

  EOS 5D EOS-1Ds Mark II EOS 20D
撮像素子形式 CMOSセンサー
撮像素子サイズ(mm) 35.8×23.9 36×24 22.5×15
有効画素数 約1,280万画素 約1,670万画素 約820万画素
最大解像度 4,368×2,912 4,992×3,328 3,504×2,336
画角変化 なし 約1.6倍相当
感度(拡張設定含む) ISO50〜3200相当 ISO100〜3200相当
適合レンズ EF EF、EF-S
記録形式 RAW、JPEG、RAW+JPEG
ファインダー倍率
(50mmレンズ時)
約0.71倍 約0.7倍 約0.9倍
ファインダー視野率 約96% 約100% 約95%
アイポイント 20mm
フォーカシングスクリーン 交換式 固定式
測距点 9点+アシスト6点 45点 9点
測光 35分割
中央部
スポット
中央部重点平均
21分割
中央部
スポット
中央部重点平均
35分割
中央部
中央部重点平均
シャッター速度 30〜1/8,000秒、バルブ
ストロボ同調速度 1/200秒 1/250秒
最大連続撮影速度 約3コマ/秒 約4コマ/秒 約5コマ/秒
連続撮影可能枚数 RAW約17枚
JPEG約60枚
RAW約11枚
JPEG約32枚
RAW約6枚
JPEG約23枚
液晶モニター 2.5型
約23万画素
2型
約23万画素
1.8型
約11.8万画素
記録メディアスロット CF CF、SD CF
PCインターフェイス USB 2.0 IEEE 1394 USB 2.0
内蔵ストロボ なし あり
電池 BP-511/511A
BP-512
BP-514
NP-E3 BP-511
BP-511A
BP-514
サイズ
(幅×奥行き×高さ、mm)
152×75×113 156×79.9×157.6 144×71.5×105.5
重量(g) 810 1,215 685



お問い合わせ先
  お客様相談センター
  Tel.050-555-90002
  Tel.043-211-9556


URL
  キヤノン
  http://canon.jp/
  ニュースリリース
  http://cweb.canon.jp/newsrelease/2005-08/pr-eos5d.html
  【2004年8月20日】キヤノン、820万画素デジタル一眼レフ「EOS 20D」(PC)
  http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2004/0820/canon1.htm


( 本誌:折本幸治 )
2005/08/23 14:15
デジカメ Watch ホームページ
・記事の情報は執筆時または掲載時のものであり、現状では異なる可能性があります。
・記事の内容につき、個別にご回答することはいたしかねます。
・記事、写真、図表などの著作権は著作者に帰属します。無断転用・転載は著作権法違反となります。必要な場合はこのページ自身にリンクをお張りください。業務関係でご利用の場合は別途お問い合わせください。

Copyright (c) 2005 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.