デジカメ Watch
最新ニュース
【 2016/05/30 】
【 2016/05/27 】
【 2016/05/26 】
【 2016/05/25 】
【 2016/05/24 】

ペンタックス、実売8万円前後のデジタル一眼レフ「*ist DL」


 ペンタックスは、普及型のデジタル一眼レフカメラ「*ist DL」を7月上旬に発売する。価格はオープンプライス。ボディのみの店頭予想価格は8万円前後の見込み。*ist DSと同様、本体色にブラックとシルバーが用意される。

 また、交換レンズ「smc PENTAX DA 18-55mm F3.5-5.6AL」と組み合わせたレンズキットも同時に発売。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は10万円前後と見られる。なお、DA 18-55mm F3.5-5.6は*ist DSと共に発売されたレンズで、実勢価格は2万円台後半となっている。

 2004年11月発売の「*ist DS」をベースに低価格化を図った普及モデル。*ist D、*ist DSとの併売になる。CCDやレンズマウントは*ist DSと同一で、最大の変更点はファインダーのペンタプリズムをペンタミラーに変えたこと。さらに本体サイズはほぼそのままに、液晶モニターを2型から2.5型にサイズアップした。DLの「L」は、“Light Weight”、“Large LCD”に由来している。


シルバー(レンズはA 18-55mm F3.5-5.6AL、以下同) ブラック

 一般的にペンタミラーは、ペンタプリズムに比べてファインダー内が暗く、倍率も低くなるとされている。しかし*ist DLでは明るさを重視し、むしろ*ist DSよりファインダー内を明るくしたという。ただし、同社では「明るさは*ist DLが上だが、ピントの山のつかみやすさは*ist DSの方が若干上。マニュアルフォーカスを多用する方なら*ist DSの方が使いやすいのでは」と説明している。ファイダー倍率は0.85倍(*ist DSは0.95倍)、視野率は96%(同95%)。

 ペンタミラー式ながら明るいファインダーを実現したのは、スクリーンを「ナチュラルブライトマット」から「ナチュラルブライトマットII」に変更したため。なお、*ist DLのスクリーンはシリーズ初の固定式でユーザーによる交換に対応していない。また、アイカップは*ist DSより若干大型のものに変更された。

 ペンタミラー式にしたことで、重量がペンタ部だけで約25g減少。そのほかの軽量化とあわせ、ボディ全体で*ist DSより35g軽い470gを実現した。レンズ交換式デジタル一眼レフカメラで世界最軽量としている。

 また、液晶モニターが2型から2.5型にサイズアップした。画素数は*ist DSと同じ約21万。最大12倍までの再生時ズーム、最大9コマのサムネイル表示などが可能。メニューデザインは*ist DSをほぼ踏襲している。





ペンタミラー部 左から*ist DL、*ist DS

 スペックダウンした点としては、まず、AFセンサーが*ist DSのワイドエリア11点測距から、3点ワイドAFセンサーになったこと。ただしAFシステム自体は*ist DS同様「SAFOX VIII」を採用し、全センサーがクロスセンサーになっている。また、スーパーインポーズも省略された。

 なお*ist DSでは、ピクチャーモードまたはオートピクチャーモードで「動体撮影」選択時しか動作しなかったコンティニュアスAFが、*ist DLではP・Tv・Av・M・Bモードにおいてメニューから選べるようになっている。

 コマ速は2.8コマ/秒と*ist DSと同等。ただし、連写枚数が*ist DSの8枚から5枚に減少している。シャッター速度は*ist DSと同じく最速で1/4,000秒。記録メディアは引き続きSDメモリーカードを採用し、2GB超のSDメモリーカードにも対応する予定。

 また、一部の撮影モードで、オートISO感度設定が可能になった。設定によりISO200〜3200の範囲で可変する。そのほか、外部ストロボの調光方式からTTLシンクロが省略され、P-TTLシンクロのみになった。また、画像閲覧ソフト「PENTAX PHOTO Browser」およびRAW現像ソフト「PENTAX PHOTO Laboratory 」は、共に最新の「2.1」が添付される。


付属のRAW現像ソフト「PHOTO Laboratory」
 そのほかの主な仕様は*ist DSと共通。撮像素子はAPS-Cサイズ相当の有効610万画素CCDで、インターレーススキャン方式。LPFを変えたものの、チューニングで*ist DSとの画質変化をなくしたという。色設定の「ナチュラル」と「鮮やか」の違いも「*ist DSと同じ傾向」としている。

 レンズマウントはペンタックスKAFマウント。使用できるレンズは、KAF2(パワーズーム不可)、KAF、KA(AFアダプターでAFが可能)。

 記録解像度は3,008×2,000/2,400×1,600/1,538×1,024ピクセル。RAWモードでの記録のみ3,008×2,008ピクセルになる。設定可能な感度はISO200/400/800/1600/3200相当。

 内蔵ストロボも*ist DSと共通で、焦点距離28mmレンズ(35mm判換算)の画角をカバーする。PCインターフェイスはUSB 2.0。電源にはCR-V3リチウム電池2本、または単三電池(リチウム電池、ニッケル水素充電池、アルカリ乾電池)を使用する。

 本体サイズは125×67×92.5mm(幅×奥行き×高さ)、重量は470g(本体のみ)。幅および高さは*ist DSと同等。奥行きのみ1mm増えている。表面仕上げは、ブラック、シルバーとも*ist DSと同じ。


撮影設定 カスタム設定 ガイド機能

カスタムファンクション機能 ヒストグラム表示 デジタルフィルター(ソフト)


お問い合わせ先
  お客様センター
  Tel.03-3960-3200


URL
  ペンタックス
  http://www.pentax.co.jp/
  ペンタックス、実売10万円を切るデジタル一眼レフ「*ist Ds」(PC)
  http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2004/0914/pentax1.htm


( 本誌:折本幸治 )
2005/06/02 10:51
デジカメ Watch ホームページ
・記事の情報は執筆時または掲載時のものであり、現状では異なる可能性があります。
・記事の内容につき、個別にご回答することはいたしかねます。
・記事、写真、図表などの著作権は著作者に帰属します。無断転用・転載は著作権法違反となります。必要な場合はこのページ自身にリンクをお張りください。業務関係でご利用の場合は別途お問い合わせください。

Copyright (c) 2005 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.