デジカメ Watch
最新ニュース
【 2016/05/30 】
【 2016/05/27 】
【 2016/05/26 】
【 2016/05/25 】
【 2016/05/24 】

ニコン、液晶モニターやAF性能を改良した「D70s」


D70s。装着レンズはAF-S DXズームニッコールED 18〜70mm F3.5〜4.5G(IF)
 ニコンは、デジタル一眼レフカメラ「D70s」を27日に発売する。価格はオープンプライス。ボディのみの店頭予想価格は10万円前後の見込み。

 同時に、既存のデジタル専用レンズ「AF-S DXズームニッコールED 18〜70mm F3.5〜4.5G(IF)」が付属する「D70sレンズキット」も発売。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は13万円前後と見られる。

 2004年3月に発売された「D70」のリファインモデル。CCDや画像処理エンジンはD70と共通だが、液晶モニターが約13万画素の1.8型から同画素数の2型になったほか、AFのアルゴリズムを変更し、合焦精度、捕捉能力、追尾能力を向上させた。測距素子は従来通り「マルチCAM900オートフォーカスモジュール」で、測距ポイントは5点と変わらない。

 また、内蔵スピードライトの発光位置を変更し、照射角を広げている。具体的には、D70の焦点距離20mmに対し、18mmをカバーする。

 電源は新タイプの「EN-EL3a」が付属。従来の「EN-EL」を大容量化し、フル充電で約2,500コマ撮影できる。EN-EL3aは、D100、D70、D50でも使用可能。価格は8,925円。

 外観もレリーズボタンの色をシルバーからブラックにするなど一部を変更し、高級感を高めたという。メニューデザインもD70から配色を変更するなど、新デザインになっている。また、D50で省略されたサブコマンドダイヤルや、プレビューボタンもD70から引き続き搭載。ボディカラーはブラックのみ。

 なお、D70sでは、専用オプションのリモートコード「MC-DC1」(3,675円、27日発売)が使用可能になった。D70で要望が多かったというケーブルレリーズが可能になる。さらに、付属の接眼目当てが大型の「DK-20」に変更された。




 撮像素子は約610万画素CCDで、サイズはAPS-C相当(23.7×15.6mm)。記録画素数は3,008×2,000/2,240×1,488/1,504×1,000ピクセル。ISO感度設定はISO200〜1600で、1/3段ステップでの設定が可能。レンズマウントはニコンFマウント。画角はレンズ表記の焦点距離の約1.5倍に相当する。

 D70と同じペンタミラー式ファインダーを搭載し、倍率は0.75倍、視野率は上下左右とも約95%。アイポイントは18mm。

 機械式シャッターとCCD電子シャッター併用により、D70と同じ最高1/8,000秒のシャッター速度を実現。起動は約0.2秒で、連続撮影は約3コマ/秒。SanDiskのUltra II、Extreme III、Lexar Mediaの80X WAシリーズの場合、画質モードNORMAL、画像サイズLで144コマの連続撮影が行なえる。


メニュー画面例 リモートケーブル「MC-DC1」 リチウムイオン充電池「EN-EL3a」

 そのほか、3Dマルチパターン測光、7種類のデジタルイメージプログラム、1,005分割RGBセンサーなども継承する。外部ストロボはi-TTL BL、i-TTLなどに対応。SB-800/600との組み合わせで、アドバンスドワイヤレスライティングや発光色温度情報伝達も可能となる。

 記録メディアはCF Type 1/2およびMicrodrive。外形寸法は約140×78×111mm(幅×奥行き×高さ)、重量は約600g(本体のみ)。



お問い合わせ先
  カスタマーサポートセンター
  Tel.0570-02-8000
  Tel.03-5977-7033


URL
  ニコン
  http://www.nikon.co.jp/
  ニュースリリース
  http://www.nikon.co.jp/main/jpn/whatsnew/2005/0420_d70s_01.htm
  製品情報
  http://www.nikon-image.com/jpn/products/camera/digital/slr/d70s/
  【2004年1月28日】ニコン、15万円のレンズ交換式デジタル一眼「D70」(PC)
  http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2004/0128/nikon1.htm


( 本誌:折本幸治 )
2005/04/20 14:07
デジカメ Watch ホームページ
・記事の情報は執筆時または掲載時のものであり、現状では異なる可能性があります。
・記事の内容につき、個別にご回答することはいたしかねます。
・記事、写真、図表などの著作権は著作者に帰属します。無断転用・転載は著作権法違反となります。必要な場合はこのページ自身にリンクをお張りください。業務関係でご利用の場合は別途お問い合わせください。

Copyright (c) 2005 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.