デジカメ Watch
最新ニュース
【 2014/11/21 】
【 2014/11/20 】
【 2014/11/19 】
【 2014/11/18 】
【 2014/11/17 】

オリンパス、10万円以下のフォーサーズ一眼レフ「E-300」


 オリンパス株式会社は、デジタル専用の「フォーサーズシステム規格」を採用したレンズ交換式デジタル一眼レフカメラ「E-300」を28日に発表した。


 価格はオープンプライス。ボディのみの店頭予想価格は10万円弱程度と見られる。発売時期は、同時発表のズイコーデジタル14-45mm F3.5-5.6とのセットが11月下旬、ボディのみが2005年春を予定している。


“ペンFシリーズ”を思わせる機構で小型化を実現

レンズマウント部から見えるサイドスイングミラー
 2003年10月発売の「E-1」に続く、「オリンパスE-システム」の2号機。プロフェッショナル用途を意識したE-1に対し、コンシューマー用途を想定している。フォーサーズシステム規格に対応し、E-1と同じく、フォーサーズマウント用の各種レンズを装着可能。

 ファインダーには、レンズからの光を横へ導くポロ光学系とサイドスイングミラーを採用。ペンタプリズムを使用する一般的な一眼レフに比べ、ボディ上面を平坦にできる。ファインダー視野率は約94%、倍率は約1倍(-1ディオプタ、50mm、無限遠時)。フォーカシングスクリーンはE-1と同じネオルミクロンの全面マットを採用する。

 外形寸法は146.5×64×85mm(幅×奥行き×高さ)。E-1に比べ、奥行きが19mm、高さが17mmと小型化している。ただし、幅は5.5m広い。重量はE-1より80gほど軽い、約580g。

 また、ボディ上面にはアルミ素材を使用し、内部構造にはアルミダイキャストシャーシを採用し、高級感に配慮したという。



E-1(右)との比較(正面) E-1(右)との比較(背面)

Kiss Digital(右)との比較 D70(右)との比較

フォーサーズ初の有効815万画素CCDを採用

 CCDはフォーサーズ初の有効815万画素。従来と同じく、アスペクト比4:3のフルフレームCCDを採用する。記録解像度は、3264×2448〜640×480ピクセル。RAW、TIFF、JPEG、RAW+JPEGでの撮影に対応。ISO感度は100〜400で、ISO800/1600の拡張設定も行なえる。

 E-1に引き続き、CCDへのゴミ付着を防ぐSSWF(スーパー・ソニック・フィルター:超音波防塵フィルター)を搭載。ローパスフィルターとシャッターの間に設置され、35,000Hz以上で振動、フィルターに付着した埃を払い落とす。

 画像処理エンジンは、CAMEDIA C-8080 Wide Zoomなどで採用したTruePic TURBOを、一眼レフ用に最適化して搭載。起動やレリーズタイムラグの高速化を実現したという。また、新たに5種類のシーンプログラムと10種類以上のシーンセレクトプログラムを装備した。

 シャッター速度は30〜1/4,000秒。最長60秒のE-1に比べ、スローシャッターが30秒と短くなっている。バルブは共に最長8分。連写コマ数は約2.5コマ/秒(E-1は3コマ/秒)。RAWモードでの最大撮影コマ数は、E-1の12コマに対し、E-300では4コマとなっている。


左側面(レンズはズイコーデジタル40-150mm F3.5-4.5) E-1と同サイズの1.8型液晶モニター 右側面(レンズはズイコーデジタル40-150mm F3.5-4.5)

 記録メディアはCF Type 1/2、Microdrive。PCとのインターフェイスはUSB。背面には13.4万画素の1.8型半透過型TFTカラー液晶を搭載する。電源は、E-1の付属バッテリと同じリチウムイオン充電池「BLM-1」。


内蔵フラッシュ
 ポップアップ式の内蔵フラッシュは、前面にせり上がる独自の機構を採用。また、同時発表の外部フラッシュ「FL-36」(近日発売、30,030円)との組み合わせで、2灯撮影も行なえる。

 また、RAW現像ソフトが「OLYMPUS Studio」から、新開発の「OLYMPUS Master」に変更された。RAW現像に加え、取り込み、画像管理、プリントなどが可能。さらに、「OLYMPUS Master Plus」に有償アップグレードすることで、CD/DVDへの書き込み、動画編集などが可能になる。


専用縦位置グリップも用意

パワーバッテリーパック「HLD-3」装着時
 なお、専用オプションとして、パワーバッテリーパック「HLD-3」(12月下旬、13,020円)、防水プロテクタ「PT-E01」(2005年春発売、価格未定)、セミハードケース「CS-3SH」(11月下旬、6,300円)も発表された。

 HDL-3は、E0300同梱のバッテリー「BLM-1」を1つ搭載でき、本体とあわせて電池容量を2倍にできる。また、リモートケーブル端子や縦位置用シャッターボタンも装備している。



お問い合わせ先
  カスタマーサポートセンター
  Tel.0120-084215
  Tel.0426-42-7499


URL
  オリンパスのホームページ
  http://www.olympus.co.jp/jp/
  ニュースリリース
  http://www.olympus.co.jp/jp/news/2004b/nr040928e300j.cfm


( 本誌:折本幸治 )
2004/09/28 10:01
デジカメ Watch ホームページ
・記事の情報は執筆時または掲載時のものであり、現状では異なる可能性があります。
・記事の内容につき、個別にご回答することはいたしかねます。
・記事、写真、図表などの著作権は著作者に帰属します。無断転用・転載は著作権法違反となります。必要な場合はこのページ自身にリンクをお張りください。業務関係でご利用の場合は別途お問い合わせください。

Copyright (c) 2004 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.