デジカメ Watch
最新ニュース
【 2016/05/27 】
【 2016/05/26 】
【 2016/05/25 】
【 2016/05/24 】
【 2016/05/23 】

キヤノン、IXY史上最薄モデル「IXY DIGITAL 210 IS」


 キヤノンは、厚さ18.4mmを実現したスタイリッシュモデル「IXY DIGITAL 210 IS」を2月下旬に発売する。価格はオープンプライス。店頭予想価格は3万3,000円前後の見込み。本体色はレッド、ゴールド、シルバーを用意する。

 2008年4月に発売した「IXY DIGITAL 25 IS」の後継モデル。ボディの上下左右ともラウンドさせたデザインとし、極力凹凸を無くした外観に仕上げたという。


IXY DIGITAL 210 IS(レッド) IXY DIGITAL 210 IS(同背面)

IXY DIGITAL 210 IS(ゴールド) IXY DIGITAL 210 IS(同背面)

IXY DIGITAL 210 IS(シルバー) IXY DIGITAL 210 IS(同背面)

同梱品
 IXY DIGITAL 25 ISは、レンズシフト式手ブレ補正機構「IS」搭載モデルとしてIXYシリーズ最薄を謳っていたが、今回、ズームレンズを新設計することで、本体の厚みをIXY DIGITAL 25 ISの20.4mmから18.4mmに薄型化した。ISユニットはキヤノン最小で、手ブレ補正効果は従来と同じシャッター速度換算約3段分。光学ファインダーも継承する。

 レンズは35mm判換算の焦点距離33〜100mm、F3.2〜5.8の3倍ズーム。最短撮影距離は30cm。マクロモードでは広角端で3cmまでの接写が可能。

 撮像素子は前モデルの1/2.3型有効1,000万画素CCDから同1,210万画素CCDになった。最大記録解像度は4,000×3,000ピクセル。感度はISO80〜1600。画素混合によりISO3200での撮影にも対応する。最大1,280×720ピクセル、30fpsのHD動画が撮影可能。記録形式はH.264のMOV。本体のHDMIミニ出力端子からHD動画および静止画を対応テレビに出力できる。


オプションの水中ハウジング「WP-DC31」が利用できる
 映像エンジンはDIGIC4になり、春モデル共通の自動シーン認識機能「こだわりオート」を搭載する。人物、距離、明るさ、色、動きなどの情報を基に、カメラが自動的に選択したシーンに最適な画像処理を行なう。また、撮影直後のレビュー時に目をつむっている人物を検出し、3秒間枠を表示する「目つむり検出」機能も新たに搭載する。

 液晶モニターはクリアライブ液晶IIで、約23万ドットの2.5型TFT。x記録メディアはSDHC/SDメモリーカード、MMC、MMCplus、HC MMCplus。電源はリチウムイオン充電池「NB-4L」。CIPA準拠の撮影枚数は約200枚。

 本体サイズは87×18.4×54.5mm(幅×奥行き×高さ)、本体のみの重量は約115g。



URL
  キヤノン
  http://canon.jp/
  ニュースリリース
  http://cweb.canon.jp/newsrelease/2009-02/pr-ixydigital.html
  製品情報
  http://cweb.canon.jp/camera/ixyd/210is/

関連記事
キヤノン、「IXY DIGITAL」「PowerShot」計8機種を発表(2009/02/18)


( 本誌:武石 修 )
2009/02/18 13:21
デジカメ Watch ホームページ
・記事の情報は執筆時または掲載時のものであり、現状では異なる可能性があります。
・記事の内容につき、個別にご回答することはいたしかねます。
・記事、写真、図表などの著作権は著作者に帰属します。無断転用・転載は著作権法違反となります。必要な場合はこのページ自身にリンクをお張りください。業務関係でご利用の場合は別途お問い合わせください。

Copyright (c) 2009 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.