デジカメ Watch
最新ニュース
【 2016/05/27 】
【 2016/05/26 】
【 2016/05/25 】
【 2016/05/24 】
【 2016/05/23 】

ソニー、内蔵メモリ4GBの「サイバーショットDSC-T2」

〜PCからブログなどへのアップロード機能を搭載

サイバーショットDSC-T2(ホワイト)
 ソニーは、4GBの内蔵メモリを搭載したコンパクトデジタルカメラ「サイバーショットDSC-T2」を11月22日に発売する。価格はオープンプライス。店頭予想価格は4万3,000円前後の見込み。カラーはブラック、ホワイト、グリーンを用意する。また、直販サイトのソニースタイル限定で、ブルーとピンクを発売する。

 デジタルカメラでは最大容量となる、4GBの内蔵メモリを搭載した薄型コンパクトデジタルカメラ。最大で約4万枚の写真を保存し、デジタルアルバムとして使用できる。また、PCに保存してある写真を付属ソフトでカメラ本体に転送して保存可能で、大容量内蔵メモリを活かしたさまざまな写真閲覧機能も備える。さらに、ブログやSNSに写真を簡単にアップロードする機能も新たに装備した。


ブラック グリーン

ブルー(ソニースタイル限定モデル) ピンク(ソニースタイル限定モデル)

2.7型のタッチパネル液晶モニターを搭載
 同梱の画像管理ソフト「Picture Motion Browser」を使用し、PCに保存してある写真をDSC-T2に取り込むことが可能。640×480ピクセルで最大約4万枚を保存できる。なお、DSC-T2で撮影した640×480ピクセル画像の保存枚数は、約2万4,000枚となる。

 カメラ本体で画像を閲覧できる「アルバム機能」を搭載。撮影画像を撮影日時と撮影頻度によって、自動的にグループ分けするため、ユーザーが写真を整理する必要が無いという。アルバム機能では1枚表示やインデックス表示に加え、月単位で写真が一覧できる「カレンダー表示」、フォルダごとに管理できる「アルバムリスト表示」、あらかじめ登録した写真のみを再生できる「お気に入りリスト表示」、Webにアップロードするために選んだ画像のみを再生する「シェアマークリスト表示」が利用できる。

 また、内蔵メモリの写真をスクラップブック風に再生する「スクラップブック機能」も備える。本体のスクラップブックボタンを押すだけで、写真の撮影日や撮影頻度情報をもとに、自動的に背景を設定してアルバムを作成する。背景は、ユーザーが変更することもできる。

 液晶モニターは、タッチパネル式の23万画素2.7型型TFTを採用。付属のペイントペンを使用して、撮影した写真に文字やスタンプ(30種類)を加えることができる。また、15種類のフレームも利用できる。加工した写真は640×480ピクセルのほかに、3Mサイズでオリジナル画像とは別に保存できる。

 DSC-T2では、Webサイトへ簡単に画像をアップロードする機能も搭載した。同梱のUSBケーブルでインターネットに接続中のPCに接続すると、カメラ本体内蔵の「Picture Motion Browserポータブル」がPCで起動し、外出先のPCなどからでもブログ、SNS、オンラインアルバムなどに写真をアップロードできる。頻繁に使用するWebサービス向けに、URLや画像サイズなどを登録することができ、アップロードの際に自動でリサイズする。


電源スイッチを兼ねるレンズカバーを閉じると、フルフラットになる
 9月に発売した「サイバーショットDSC-T200」、「同T70」で初めて採用した、笑顔に反応して自動的にシャッターを切る「スマイルシャッター」を搭載。人物の笑顔を検出すると、自動的に最大6枚まで撮影する。セルフタイマーの代わりや人物撮影にも有効。

 被写体が複数人の場合、シャッターを切る前に笑顔を検出したい人物の顔をタッチすると、その人物が笑った場合のみシャッターが切れるようになる。スマイルシャッター動作時には、ピント、ホワイトバランス、ストロボ光量、赤目軽減、美肌コントロールを人物の顔に合わせて自動調整する。

 撮像素子は1/2.5型有効810万画素CCD。最大記録解像度は3,264×2,448ピクセル。レンズはCarl Zeiss Vario-Tesser。35mm判換算38〜114mm、F3.5〜4.3の光学3倍ズーム。光学式手ブレ補正機能を搭載する。最短撮影距離は50cm。マクロモードの広角端で8cm、望遠端で25cmの接写が可能。拡大鏡モードでは1cmまで接近できる。640×480ピクセル、30fpsのMPEG-1動画も撮影可能。画像処理エンジンは「BIONZ」を採用。感度はオート撮影で最高ISO800。マニュアル設定で最大ISO3200での撮影もできる。最大連写枚数は約100枚。

 別売のサイバーショットステーション「CSS-HD1」、やHD出力アダプターケーブル「VMC-MHC1」、「VMC-MHD1」などを使用して、ハイビジョンTVのD端子またはコンポーネント端子に接続することで、フルHDで写真を鑑賞できる。また、「プレミアムフォト」に対応したブラビアで再生すると、最も最適な画質で表示できる。

 そのほか、撮影した写真に音楽とエフェクトを付けて自動再生する「音フォト」も搭載する。

 記録メディアはメモリースティックデュオ、メモリースティックPROデュオ、メモリースティックPRO-HGデュオ。電源はリチウムイオン充電池「NP-BD1」。CIPA準拠の撮影枚数は約280枚。本体サイズは86.8×20.2×56.8mm、重量は129g(本体のみ)、156g(バッテリーと付属アクセサリーを含む)。

 専用ソフトキャリングケース「LCS-TWE」も用意する。発売は11月22日で、価格は2,100円。また、専用液晶保護シート「PCK-L27」も同日発売する。価格は945円。



URL
  ソニー
  http://www.sony.co.jp/
  ニュースリリース
  http://www.sony.jp/CorporateCruise/Press/200710/07-1024/
  製品情報
  http://www.sony.jp/products/Consumer/DSC/DSC-T2/
  スペシャルサイト
  http://www.aii.co.jp/contents/smojsdmk/DSC/T2/


( 本誌:武石 修 )
2007/10/24 14:37
デジカメ Watch ホームページ
・記事の情報は執筆時または掲載時のものであり、現状では異なる可能性があります。
・記事の内容につき、個別にご回答することはいたしかねます。
・記事、写真、図表などの著作権は著作者に帰属します。無断転用・転載は著作権法違反となります。必要な場合はこのページ自身にリンクをお張りください。業務関係でご利用の場合は別途お問い合わせください。

Copyright (c) 2007 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.