デジカメ Watch
最新ニュース
【 2016/05/30 】
【 2016/05/27 】
【 2016/05/26 】
【 2016/05/25 】
【 2016/05/24 】

パナソニック、手ブレ補正搭載のエントリーモデル「LUMIX DMC-FS2」


LUMIX DMC-FS2(ピンク)
 パナソニックは、光学式手ブレ補正搭載の初心者向けコンパクトデジタルカメラ「LUMIX DMC-FS2」を15日より発売する。価格はオープンプライス。店頭予想価格は3万円前後の見込み。ボディカラーはシルバー、ブラック、ピンクの3色から選べる。

 FS2は、2月に発売されたスタイリッシュコンパクトのエントリーモデル「LUMIX DMC-FS1」の後継機。撮像素子の画素数以外に大きな変更点はない。




 撮像素子はFS1の1/2.5型有効600万画素CCDから、有効720万画素CCDになった。最大記録解像度は4:3で3,072×2,304ピクセル、3:2で3,072×2,048ピクセル、16:9で3,072×1,728ピクセル。最大848×480ピクセル、30fpsでの音声付動画撮影も可能(QuickTime/Motion JPEG形式)。最高感度は高感度モードで使用できるISO3200。 画像処理エンジンにはヴィーナスエンジンIIIを搭載する。

 また、「動き認識(インテリジェントISO感度)」、「光学式手ブレ補正」、「高感度」を合わせた「トリプルブレ補正」の搭載により、自動で手ブレや被写体ブレを補正するとともに、ノイズを抑えた高画質で撮れるという。

 レンズはLeica DC Vario-Elmaritを搭載。35mm判換算で35〜105mm、F2.8〜5の光学3倍ズーム。記録画素数が300万画素以下で利用できるEX光学ズームは最大4.5倍。最短撮影距離は50cm、マクロモード時は広角端で5cm、望遠端で30cm。

 液晶モニターは11.5万画素の2.5型TFTを採用。高輝度モードを備えるほか、下から見上げたときでも見やすくなるハイアングルモードも搭載する。

 記録メディアはSDHC/SDメモリーカードとMMC(静止画のみ)、内蔵メモリは約27MB。電源はリチウムイオンバッテリー。CIPA準拠の撮影枚数は約350枚。

 本体サイズは94.1×24.2×51.4mm(幅×奥行き×高さ)、重量は約125g(本体のみ)、約153g(バッテリーとメモリカードを含む)。


  パナソニック
  http://panasonic.jp/
  製品情報
  http://panasonic.jp/dc/fs2/
  ニュースリリース
  http://panasonic.co.jp/corp/news/official.data/data.dir/jn070604-2/jn070604-2.html
パナソニック、ISO3200対応の手ブレ補正機「LUMIX DMC-FS1」(2007/01/31)



デジカメ Watch ホームページ
・記事の情報は執筆時または掲載時のものであり、現状では異なる可能性があります。
・記事の内容につき、個別にご回答することはいたしかねます。
・記事、写真、図表などの著作権は著作者に帰属します。無断転用・転載は著作権法違反となります。必要な場合はこのページ自身にリンクをお張りください。業務関係でご利用の場合は別途お問い合わせください。

Copyright (c) 2007 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.