デジカメ Watch
最新ニュース
【 2016/05/27 】
【 2016/05/26 】
【 2016/05/25 】
【 2016/05/24 】
【 2016/05/23 】

ライカ、広角28mmからの720万画素コンパクト「C-LUX2」


C-LUX2(ブラック)
 ライカカメラジャパンは8日、有効720万画素CCDを搭載したコンパクトデジタルカメラ「C-LUX2」を国内で正式発表した。5月に発売する。価格はオープンプライス。カラーはブラックとシルバーを用意する。

 独Leica CameraがPMA07で発表したコンパクトデジタルカメラ。同社が、2006年5月に発売した「C-LUX1」の後継モデルにあたる。外観やスペックなどからパナソニックが2月に発売した「LUMIX DMC-FX30」がベースと推察される。

 DMC-FX30との外観上の大きな違いは、FX30の前面にある指を掛けるためのグリップが省略されている点、Lumixのロゴ部分がLeicaのロゴになっている点、FX30前面右下のLマークの部分が、「MEGA O.I.S」の表記になっている点など。

 撮像素子は、C-LUX1の1/2.5型有効600万画素CCDから1/2.5型有効720万画素CCDになった。最大記録解像度は3,072×2,048ピクセル。最大848×480ピクセル、30fpsでの動画撮影も可能。


 レンズは、非球面レンズ1枚を含む6群7枚構成の「DC Vario-Elmarit」を搭載。35mm判換算28〜100mm、F2.8〜5.6の光学3.6倍ズームで、光学式手ブレ補正機構を備える。最短撮影距離は50cm。マクロモードでは広角端で5cm〜∞、望遠端で30cm〜∞の撮影が可能。

 同社のデジタル一眼レフカメラ「Digilux 3」と同じ画像処理エンジンを搭載。画像処理や画像保存性能が向上したという。最高感度はC-LUX1のISO1600からISO3200に上がった。また、被写体の動きを検出して自動的に感度を最大ISO800まで増感する「インテリジェントISO」機能も搭載する。

 液晶モニターは20.7万画素の2.5型TFT。斜めからでも見やすいという「広角モード」と周囲が明るい場合に視認性を高めることができる「パワー液晶モード」を備える。

 記録メディアはSDHC/SDメモリーカード、MMC。ライカオリジナルのSDメモリーカード(64MB)が付属する。

 電源はリチウムイオン充電池「BP-DC6」。CIPA準拠の撮影枚数は約280枚。本体サイズは94.1×24.2×51.1mm(幅×奥行き×高さ)、本体のみの重量は約131g、バッテリーとメモリカードを含む重量は約152g。



URL
  ライカカメラジャパン
  http://www.leica-camera.co.jp/
  製品情報
  http://www.leica-camera.co.jp/photography/compact_cameras/c-lux_2/

関連記事
【PMA07】新製品を発表したそのほかのブース(2007/03/12)
ライカ、手ブレ補正付き広角コンパクト「C-LUX 1」を国内発売(2006/04/07)


( 本誌:武石 修 )
2007/03/12 16:27
デジカメ Watch ホームページ
・記事の情報は執筆時または掲載時のものであり、現状では異なる可能性があります。
・記事の内容につき、個別にご回答することはいたしかねます。
・記事、写真、図表などの著作権は著作者に帰属します。無断転用・転載は著作権法違反となります。必要な場合はこのページ自身にリンクをお張りください。業務関係でご利用の場合は別途お問い合わせください。

Copyright (c) 2007 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.