デジカメ Watch
最新ニュース
【 2016/05/27 】
【 2016/05/26 】
【 2016/05/25 】
【 2016/05/24 】
【 2016/05/23 】

ニコン、1,000万画素のハイエンド・コンパクト「COOLPIX P5000」

〜ボディはマグネシウム合金を使用

 ニコンは、マニュアル撮影対応の1,000万画素コンパクトデジタルカメラ「COOLPIX P5000」を3月16日に発売する。価格はオープンプライス。店頭予想価格は4万5,000円前後の見込み。カラーはブラックとシルバーを用意する。ともに本体前側カバーにはマグネシウム合金を採用した。


COOLPIX P5000(ブラック) シルバー

 絞り優先AE、シャッター優先AE、マニュアル露出の各モードを備えるコンパクトデジタルカメラ。同社製外部ストロボとの組み合わせでi-TTL調光が可能なホットシューも搭載。

 シャッター速度換算で、約3段分の効果というレンズシフト式の手ブレ補正機構「VR」を搭載する。また、手ブレが発生しやすい場合に、最大10コマを連続撮影し、最も鮮明なコマをカメラが選んで記録する「BBS」(ベストショットセレクター)も利用できる。

 人物の顔を検出し、ピントを合わせる「フェイスクリアー」機能を搭載。斜めの顔や小さい顔の検出精度が従来より向上したという。また、ストロボ使用時の赤目を自動修正する「アドバンスト赤目軽減」に加え、逆光などで暗く写った被写体を画像再生時に自動補正し、元画像とは別に保存する「D-ライティング」が利用可能。

 同社のデジタル一眼レフカメラが採用する「仕上がり設定」を搭載。“鮮やかに”、“ポートレート”、“白黒”などの項目を選択することで、コントラスト、シャープネスなどが設定できる。

 外観も背面ボタンの配置や両吊りストラップホールなどに、デジタル一眼レフのイメージを引用。コマンドダイヤルやアクセサリーシューも装備する。



 撮像素子は1/1.8型有効1,000万画素CCD。最大記録解像度は3,648×2,736ピクセル。最大640×480ピクセル、30fpsでの動画撮影も可能。

 レンズは35mm判換算の焦点距離36〜126mm、F2.7〜5.3の光学3.5倍ズームニッコール。最短撮影距離は広角端で約30cm、望遠端で約70cm。マクロAF時は広角端で最短4cm、望遠端で最短40cmまで近づける。P5000に装着すると、35mm判換算24mm相当の撮影が可能なワイドコンバーター「WC-E67」(18,900円)を用意する。WC-E67の装着には別売のアダプターリング「UR-E20」(3,675円)が必要。ワイドコンバーター装着時用に「ゆがみ補正」機能を備える。

 最高感度はISO3200。ただし、ISO3200時は記録解像度が500万画素以下となる。液晶モニターは広視野角タイプの23万画素2.5型TFT。光学式ズームファインダーも備える。


外部ストロボ「SB-400」を装着したところ

ボディ前カバーは、マグネシウム合金を採用 オプションのワイドコンバージョンレンズ「WC-E67」

 記録メディアはSDHC/SDメモリーカード。約21MBの内蔵メモリも備える。電源はリチウムイオン充電池「EN-EL5」。CIPA準拠の撮影枚数は約250枚。本体サイズは約98×41×64.5(幅×奥行き×高さ)、本体のみの重量は約200g。



URL
  ニコン
  http://www.nikon.co.jp/
  ニュースリリース
  http://www.nikon.co.jp/main/jpn/whatsnew/2007/0220_p5000_03.htm
  製品情報
  http://www.nikon-image.com/jpn/products/camera/compact/coolpix/p5000/index.htm


( 本誌:武石 修 )
2007/02/20 14:10
デジカメ Watch ホームページ
・記事の情報は執筆時または掲載時のものであり、現状では異なる可能性があります。
・記事の内容につき、個別にご回答することはいたしかねます。
・記事、写真、図表などの著作権は著作者に帰属します。無断転用・転載は著作権法違反となります。必要な場合はこのページ自身にリンクをお張りください。業務関係でご利用の場合は別途お問い合わせください。

Copyright (c) 2007 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.