デジカメ Watch
最新ニュース
【 2016/05/24 】
【 2016/05/23 】
【 2016/05/20 】
【 2016/05/19 】
【 2016/05/18 】

米Fujifilm、紫外線/赤外線撮影が可能な高倍率ズーム機


 富士フイルムの米国法人Fujifilm U.S.Aは4日(現地時間)、紫外線および赤外線撮影が可能な高倍率デジタルカメラ「IS-1」を発表した。米国では2月に発売する。

 科学捜査や学術研究など専門分野向けのレンズ一体型デジタルカメラ。同社の紫外/赤外線対応デジタルカメラとしては、2006年に発売したレンズ交換式の「S3 Pro UVIR」に次いで2機種目。

 撮像素子は、有効900万画素のスーパーCCDハニカムHR V。最高感度はISO1600。レンズは新開発の35mm判換算28〜300mmの光学10.7倍ズーム。スーパーマクロモード時は約1cmでの撮影が可能。



 液晶モニターは23.5万画素の2型を搭載。上下方向にのみ可動するバリアングルタイプを採用する。また、画面の中心部を10倍に拡大するズーム機能を備える。

 加えて、被写体までの距離などのデータをもとにストロボの発光量をコントロールする「i-Flash」も搭載する。

 xD-ピクチャーカードとCFのダブルスロットを搭載。RAW現像ソフト「HS-V2 Version 3」が付属する。

【お詫びと訂正】記事初出時、レンズの倍率を7.1倍と記載しておりましたが、正しくは10.7倍です。お詫びして訂正いたします。



URL
  米Fujifilm(英文)
  http://www.fujifilmusa.com/
  ニュースリリース(英文)
  http://www.fujifilmusa.com/JSP/fuji/epartners/PRNewsDetail.jsp?DBID=NEWS_862613
  製品情報(英文)
  http://www.fujifilmusa.com/JSP/fuji/epartners/proPhotoProductIS-1.jsp

関連記事
米Fujifilm、赤外線/紫外線撮影が可能なデジタル一眼「S3 Pro UVIR」(2006/08/10)


( 本誌:武石 修 )
2007/01/05 15:31
デジカメ Watch ホームページ
・記事の情報は執筆時または掲載時のものであり、現状では異なる可能性があります。
・記事の内容につき、個別にご回答することはいたしかねます。
・記事、写真、図表などの著作権は著作者に帰属します。無断転用・転載は著作権法違反となります。必要な場合はこのページ自身にリンクをお張りください。業務関係でご利用の場合は別途お問い合わせください。

Copyright (c) 2007 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.