デジカメ Watch
最新ニュース
【 2016/05/27 】
【 2016/05/26 】
【 2016/05/25 】
【 2016/05/24 】
【 2016/05/23 】

駒村商会、ライカM3ミニチュアデジカメの新バージョン

〜液晶モニターやSDカードスロットを新搭載

DCC Lieca M3(5.0)
 駒村商会は、ライカM3のボディスタイルをミニチュア化したデジタルカメラ「DCC Leica M3(5.0)」を2007年1月25日に発売する。価格は47,250円。

 独Minoxのミニチュアデジタルカメラ「DCC Leica M3」シリーズの最新機種。前モデルの「Leica M3(4.0)」に対し、これまでなかった1.5型の液晶モニターやSDメモリーカードスロットを新たに搭載した。

 撮像素子は320万画素CMOSセンサー。有効画素数に変わりはないが、補間記録が500万画素になった。記録解像度は、2,560×1,920(画素補間)/2,048×1,536ピクセル。320×240ピクセルのAVI動画記録も行なえる。

 レンズは引き続き固定焦点の単焦点レンズ。ただし、焦点距離が48mm相当から42mm相当(ともに35mm判換算)、開放F値がF2.8からF3に変化。鏡胴のスタイルもエルマー風から、第1世代ズミクロン50mm F2やDRズミクロン50mm F2を想起させるデザインになった。

 最短撮影距離は前機種の0.7mから0.5mへと短縮。ただし、無限遠までのパンフォーカスが得られるのは1mからとなっている。

 巻き上げレバーなどのギミックも継承。ストラップ取り付け部をボディ両端に装備する。ホワイトバランスはオートに加え、「デーライト」、「曇り」、「室内」、「タングステン」、「夜」を選択可能になった。電源はリチウムイオン充電池。PCとはUSBで接続する。

 本体上部に別売の「MINOXクラシックカメラフラッシュ」を装着可能。本体サイズは74×44×47mm(幅×奥行き×高さ)、重量は約110g。




URL
  駒村商会
  http://www.komamura.co.jp/

関連記事
駒村商会、ライカM3型のトイデジカメ「MINOX DCC Leica M3(4.0)」(2005/02/21)


( 本誌:折本 幸治 )
2006/12/22 17:38
デジカメ Watch ホームページ
・記事の情報は執筆時または掲載時のものであり、現状では異なる可能性があります。
・記事の内容につき、個別にご回答することはいたしかねます。
・記事、写真、図表などの著作権は著作者に帰属します。無断転用・転載は著作権法違反となります。必要な場合はこのページ自身にリンクをお張りください。業務関係でご利用の場合は別途お問い合わせください。

Copyright (c) 2006 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.