デジカメ Watch
最新ニュース
【 2016/05/24 】
【 2016/05/23 】
【 2016/05/20 】
【 2016/05/19 】
【 2016/05/18 】

コダック、二眼デジカメ「EasyShare V705」を国内販売


 コダックは、コンパクトデジタルカメラ「EasyShare V705」を12月初旬より発売する。価格はオープンプライスだが、店頭予想価格は5万円前後の見込み。

 2月に発売された「EasyShare V570」の後継機。米国ではすでに発売されている。

 V570同様に、2つの屈曲光学系と2つのCCDを2階建てで搭載する「コダック レチナ デュアルレンズ テクノロジー」を採用。上部の光学系は35mm判換算焦点距離23mm、F2.8の超広角固定焦点レンズ、下部には同39〜117mm F3.9〜4.4の光学3倍ズームレンズを搭載。101×20.4×49.8mm(幅×奥行き×高さ)、重量125g(電池/メモリカードを含まず)の薄型ボディで、23〜117mmの画角をカバーする。

 なお、23mmレンズと39mmからのズームレンズの切り替え時は、デジタルズームで23〜39mmを補間するモードと、デジタルズームを使用せずに23mmから39mmに切り替わるモードを備える。レンズにはSchneider-Kreuznach C-Variogon prism lens(シュナイダー・クロイツナッハ Cバリオゴン プリズムレンズ)の名称が与えられる。




前機種V570の屈曲光学系とCCDの配置。2つの光学系が上下に配置される。CCDはレンズに対して垂直に置かれ、レンズからの光はプリズムにより光路を90度曲げられ、CCDに導かれる。V705でも同様の構成を採る
 V570からの変更点は、CCDが有効710万画素になり、ISO1000での高感度撮影が可能になったこと。また、電源OFF時にストロボやホワイトバランスなどの設定を保持できるようになり、起動時間が短縮された。

 さらに、撮影した画像をカメラ内で補正できる「Kodak Perfect Touch」を新たに搭載したほか、セルフタイマー撮影時に自動的に2枚の連写を行なうことで、“目つぶり”などを回避する機能を備えた。また、任意の画像をメモリカードから内蔵メモリへ、液晶モニター表示専用解像度の画像に変換してコピーする「お気に入り」機能も追加されている。V570同様に、カメラ内で2〜3枚の画像をつなぎ合わせてパノラマ写真を生成する機能も備える。

 外観はほぼ同様だが、V705からは本体色としてブラックのほかにシルバーが追加される。


別売のプリンタードックに乗せて接続したところ
 撮像素子は1/2.5型有効710万画素CCD。感度はISO50〜1000。自動感度設定時はISO50〜200となる。最大記録画素数は3,072×2,304ピクセル、アスペクト比3:2の3,072×2,048ピクセルでも撮影可能。最大640×480ピクセル、30fpsのMPEG-4(QuickTime)動画も撮影できる。

 固定焦点の23mmレンズは4群5枚+プリズムレンズ1で構成される。最短撮影距離は80cm。ズームレンズは7群10枚+プリズムレンズ1で構成され、最短撮影距離は60cm。マクロモードでは広角端で5〜70cm、望遠端で30〜70cmでの撮影が可能。

 液晶モニターは2.5型23万画素。記録媒体は28MBの内蔵メモリと、SDメモリーカード/MMC。インターフェイスは26ピンのドックコネクターを備え、別売のプリンタードックとの接続が可能。ダイレクトプリントはPictBridgeとImageLinkに対応する。電源はリチウムイオン充電池。



URL
  コダック
  http://www.kodak.co.jp/
  プレスリリース
  http://wwwjp.kodak.com/JP/ja/corp/news/1106/011106_b.shtml
  製品情報
  http://wwwjp.kodak.com/JP/ja/digital/digitalcamera/stylish/v705/index.shtml

関連記事
米Kodak、二眼デジカメ後継機「EasyShare V705」(2006/08/09)
コダック、2つの光学系とCCDを搭載したコンパクトデジカメ「V570」(2006/01/05)


( 本誌:田中 真一郎 )
2006/11/01 12:41
デジカメ Watch ホームページ
・記事の情報は執筆時または掲載時のものであり、現状では異なる可能性があります。
・記事の内容につき、個別にご回答することはいたしかねます。
・記事、写真、図表などの著作権は著作者に帰属します。無断転用・転載は著作権法違反となります。必要な場合はこのページ自身にリンクをお張りください。業務関係でご利用の場合は別途お問い合わせください。

Copyright (c) 2006 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.