デジカメ Watch
最新ニュース
【 2016/05/30 】
【 2016/05/27 】
【 2016/05/26 】
【 2016/05/25 】
【 2016/05/24 】

キヤノン、手ブレ補正付きマニュアルコンパクト「PowerShot G7」

〜「DIGIC III」搭載、顔認識やISO1600撮影に対応

PowerShot G7
 キヤノンは、1,000万画素CCDを搭載するマニュアルコンパクト「PowerShot G7」を10月下旬に発売する。価格はオープンプライス。店頭予想価格は6万円前後の見込み。

 2004年発売の「PowerShot G6」から約2年ぶりのフルモデルチェンジとなるPowerShot Gシリーズの最新モデル。1/1.8型有効1,000万画素CCD、光学6倍ズームレンズ、レンズシフト式の手ブレ補正機構、最高ISO1600対応など、PowerShot G6から大幅な機能アップを果たしている。記録メディアはSDHC/SDメモリーカード/MMC。

 画像処理LSIとDDR SDRAMを1パッケージ化した新開発の画像処理エンジン「DIGIC III」を採用。高画質処理を目的とした「DIGIC」、レスポンス向上と機能の集約化を図った「DIGIC II」に続くもので、今回は顔検出と高感度撮影が可能になった。

 まず顔検出により、人物の顔にフォーカスと露出を自動的にあわせる顔優先AFや顔優先AEが利用可能になった。顔検出は最大9人分の検出が可能。人物が主要被写体でない場合は、9点AiAFへ自動的に切り替わる。また、9点AiAF時にも顔検出を行ない、顔を検出すると優先的にピントを合わせるほか、人物に最適な露出を行なう。

 また、DIGIC IIIの「ノイズリダクションテクノロジー」により、高感度領域での画質が向上したという。設定可能な感度はISO80/100/200/400/800/1600。さらにシーンモードにはISO3200モードも搭載する。ただし、記録画素数は2M相当に低減する。そのほか、高感度を活かしたシーンモードとして、「水族館」が加わった。ストロボ非発光でISO感度を高めに設定し、さらにホワイトバランスを水槽に最適化するという。

 なおDIGIC IIIは、PowerShot G7と同時発表の「IXY DIGITAL 1000」、「IXY DIGITAL 900 IS」、「IXY DIGITAL L4」にも搭載されている。




 最大記録解像度は3,648×2,736ピクセル。9月発売の「PowerShot A640」、「PowerShot A630」、「PowerShot A710 IS」と同様、記録画素の中央部を切り出す「デジタルテレコン」や「セーフティズーム」を備えている。前者はレンズのF値を変えずに画角を一気に望遠側にシフトする機能、後者は望遠端から解像度の低下を伴わない範囲までをバーグラフで表示する機能。どちらも設定する記録解像度を抑えることで、解像度劣化のない画像をより望遠側で得ることができる。

 レンズは焦点距離35〜210mm(35mm判換算)、F2.8〜4.8の光学6倍ズーム。手ブレ補正機構(IS)も内蔵している。同社の手ブレ補正付き現行コンパクトデジタルカメラは、IXY DIGITAL 800 IS、PowerShot S3 IS、Powershot A710 IS、IXY DIGITAL 900 ISと合わせて計5機種になった。

 最短撮影距離は50cmで、マクロモード時は1cm〜50cm(広角端)。PowerShot G6のスーパーマクロモード(最短5cm)から、さらに被写体に近寄れるようになった。

 液晶モニターは約20.7万画素の2.5型。PowerShot G6と異なり、バリアングルタイプではない。電源はリチウムイオン充電池のNB-2LHで、デジタル一眼レフカメラの「EOS Kiss Digital X」、「EOS Kiss Digital N」と共通。CIPA規格基準の撮影可能枚数は約220枚。

 ハイアマ層をターゲットとするPowerShot Gシリーズらしく、インターフェイスにアナログ感を盛り込んだという。例えば、露出レベル表示などにアナログバー表示を採用。2つあるダイヤルのうち、左手側のダイヤルはISO感度設定専用となる。ダイヤルはアルミ削り出しで、クリック感にもこだわったという。また、背面にはコントローラーホイールを装備し、シャッター速度などの変更に利用できる。

 そのほか、同社の銀塩一眼レフカメラ「F-1」や「T90」からサンプリングしたシャッター音を採用。ストラップ取り付け具をボディ両肩に備える。外部ストロボ対応のホットシュー、光学ファインダーなどもPowerShot G6から継承。本体サイズは106.4×42.5×71.9mm、重量は約320g(本体のみ)。



URL
  キヤノン
  http://canon.jp/
  ニュースリリース
  http://cweb.canon.jp/newsrelease/2006-09/pr-psg7ixyd1000.html
  製品情報
  http://cweb.canon.jp/camera/powershot/g7/
  【2004年8月20日】キヤノン、フルモデルチェンジした「PowerShot G6」(PC)
  http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2004/0820/canon3.htm


( 本誌:折本 幸治 )
2006/09/15 13:02
デジカメ Watch ホームページ
・記事の情報は執筆時または掲載時のものであり、現状では異なる可能性があります。
・記事の内容につき、個別にご回答することはいたしかねます。
・記事、写真、図表などの著作権は著作者に帰属します。無断転用・転載は著作権法違反となります。必要な場合はこのページ自身にリンクをお張りください。業務関係でご利用の場合は別途お問い合わせください。

Copyright (c) 2006 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.