デジカメ Watch
最新ニュース
【 2016/05/27 】
【 2016/05/26 】
【 2016/05/25 】
【 2016/05/24 】
【 2016/05/23 】

オリンパス、同社初のCCDシフト手ブレ補正搭載コンパクト「μ750」

〜710万画素CCDと光学5倍ズームを搭載

 オリンパスは、CCDシフト式手ブレ補正機構を搭載したコンパクトデジタルカメラ「μ750」を、31日より発売する。価格はオープンプライスだが、店頭予想価格は45,000円前後の見込み。


光学手ブレ補正と高感度撮影を搭載

 光学5倍ズームレンズに、同社初となるCCDシフト方式の手ブレ補正機構を搭載したコンパクトデジタルカメラ。手ブレ検出のために従来は縦横2軸に1つずつのジャイロセンサーを搭載していたが、μ750では縦横一体型のセンサーを搭載する。このセンサーは本体の小型化に貢献するほか、温度変化による精度の低下を少なくすることができる。また、検出アルゴリズムを1〜15Hzの広い帯域に対応させることで、ゆっくりとしたブレから速いブレまで対応可能としている。

 手ブレ補正とあわせ、フル画素で最高ISO1600での高感度撮影により、被写体ブレも軽減する。なお、液晶モニター表示画像のゲインをあげることで、暗所でのフレーミングや画像確認を容易にする「ブライトキャプチャー」機能を搭載する。



大偏肉度非球面レンズでコンパクトな5倍ズーム

 35mm判換算焦点距離が36〜180mmの光学5倍ズームレンズを搭載する。光学3倍ズームレンズを搭載したμ710と同じレンズ長で5倍ズームを実現した。5倍ズームレンズ搭載機として世界最小としている。レンズの小型化は、ボディの小型化のほかにズームや合焦の速度向上にも貢献するとしている。

 レンズは6群8枚で構成されるが、小型化と画質向上を両立させるために4枚を非球面レンズに、1枚をHRレンズ(High Refractive indexレンズ、高屈折レンズ)とした。

 非球面レンズのうち1枚には大偏肉度非球面レンズを採用。大偏肉度非球面レンズは中心部が大きくえぐれた形状のために加工や生産が難しいが、1枚で数枚分の高屈折率や収差補正が可能としている。


生活防水を踏襲

 これまでのμシリーズ同様に、JIS保護等級4相当の生活防水機能を備える。また、撮影したいイメージを選択するだけで撮影パラメータを設定できる「撮影ガイド」、メニューの意味を表示する「メニューガイド」、シーンモードの特徴を写真とともに説明する「シーンガイド」の3つのガイド機能を搭載する。

 外観は2006年春モデルからのμシリーズのデザインを踏襲し、左右や前面の円弧と、縦断面のクサビ形状を組み合わせた「アーク&ウェッジ」デザインを採用。本体色はボディ前面と背面に異なる色を組み合わせたバリエーションとなり、スターリーシルバー、スカイブルー、サンセットレッド、ライムグリーンの4種が用意される。




 撮像素子は有効710万画素の1/2.33型CCDを搭載。最大記録画素数は3,072×2,304ピクセル。記録形式はJPEG。15fpsで最大640×480ピクセルの動画撮影も可能。記録形式はQuickTime(Motion JPEG)。画像処理エンジンはTruePic TURBO。

 感度はISO80〜1600。特定のシーンモードではISO2500まで増感するが、記録解像度が2,048×1,536ピクセルまでとなる。

 最短撮影距離は70cm。マクロモードでは広角端で20cm、望遠端で60cm、スーパーマクロモードでは3〜70cmでの撮影が可能。

 2.5型21.5万画素のTFT液晶モニターを搭載。記録媒体は約17MBの内蔵メモリと、xDピクチャーカード。電源はリチウムイオン充電池。CIPA準拠の撮影可能枚数は約190枚。

 本体サイズは96×24.3×54mm(幅×奥行き×高さ)、電池とxDピクチャーカードを含まない重量は120g。



お問い合わせ先
  カスタマーサポートセンター
  Tel.0120-084-215
  Tel.042-642-7499
 


URL
  オリンパス
  http://www.olympus.co.jp/
  ニュースリリース
  http://www.olympus.co.jp/jp/news/2006b/nr060823mju750j.cfm
  製品情報
  http://olympus-imaging.jp/digitalcamera/mju750/


( 本誌:田中 真一郎 )
2006/08/23 15:02
デジカメ Watch ホームページ
・記事の情報は執筆時または掲載時のものであり、現状では異なる可能性があります。
・記事の内容につき、個別にご回答することはいたしかねます。
・記事、写真、図表などの著作権は著作者に帰属します。無断転用・転載は著作権法違反となります。必要な場合はこのページ自身にリンクをお張りください。業務関係でご利用の場合は別途お問い合わせください。

Copyright (c) 2006 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.