デジカメ Watch
最新ニュース
【 2016/05/26 】
【 2016/05/25 】
【 2016/05/24 】
【 2016/05/23 】
【 2016/05/20 】

ソニー、カメラと接続せずに使えるデジカメ用GPSユニット


 ソニーは、デジタルカメラの撮影画像と連携できるGPSユニット「GPS-CS1K」を9月1日に発売する。価格は15,540円。対応OSはWindows Me/2000/XP。

 サイバーショットやハンディカムのオプションという位置付けのGPS端末。デジタルカメラとGPS-CS1Kを一緒に持ち歩くことで、撮影画像の位置情報が得られる。同梱の地図ソフト「Super Mapple Digital Ver.7 for Sony」などで、撮影地の場所を地図上で確認可能。

 GPS-CS1Kが内部メモリに保存したロケーション情報を、PC上で撮影画像に付加する方式を採用。カメラとは結線しない。画像の撮影時間に合致したロケーションデータを、同梱のマッチングソフト「GPS Image Tracker」で画像に格納することで、GPSデータ付きの画像が得られる仕組み。GPSデータを格納できるExif 2.1以降対応のJPEGで利用できる。

 GPS-CS1Kの電源は単3アルカリ電池1本、または単3ニッケル水素電池1本。アルカリ電池で約10時間、ニッケル水素充電池で約14時間の駆動が可能。その間、15秒間隔で位置情報を記録する。

 PCへデータを取り出すには、GPS-CS1K本体のUSB端子を利用する。内蔵メモリは約31MB。約360時間分のログ情報を記録できる。

 本体重量は約55g。バッグなどにつり下げるためのカラビナが付属する。

 サポート対象のデジタルカメラは、Exif 2.1以降に準拠したサイバーショットと、デジタル一眼レフカメラの「α100」。

 GPS-CS1Kと同時発表の「DSC-T10」および「DSC-W50」は、付属ソフト「Picture Motion Browser」でオンライン世界地図(Google Maps)と連携できる。

 また、「α100」、「DSC-W30」、「DSC-T30」、「DSC-H5」は、各機種に同梱されているソフトを、「GPS-CS1K」に同梱されているアップデータで更新することで、オンライン世界地図ソフトとの連携が可能になる。8月以降発売のハンディカムにも、対応ソフトを同梱する予定。

【お詫びと訂正】記事初出時、位置情報の記録間隔と、Google Mapsのスペルを誤っておりました。また、α100等の同梱ソフトのアップデータが後日公開されると記述しましたが、GPS-CS1Kに同梱されております。お詫びして訂正させていただきます。



お問い合わせ先
  お客様相談センター
  Tel.0570-00-3311
  Tel.03-5448-3311


URL
  ソニー
  http://www.sony.co.jp/
  ニュースリリース
  http://www.sony.jp/CorporateCruise/Press/200608/06-0802C/
  製品情報
  http://www.sony.jp/products/Consumer/Peripheral/GPS/GPS-CS1K/


( 本誌:折本 幸治 )
2006/08/02 15:05
デジカメ Watch ホームページ
・記事の情報は執筆時または掲載時のものであり、現状では異なる可能性があります。
・記事の内容につき、個別にご回答することはいたしかねます。
・記事、写真、図表などの著作権は著作者に帰属します。無断転用・転載は著作権法違反となります。必要な場合はこのページ自身にリンクをお張りください。業務関係でご利用の場合は別途お問い合わせください。

Copyright (c) 2006 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.