デジカメ Watch
最新ニュース
【 2016/05/26 】
【 2016/05/25 】
【 2016/05/24 】
【 2016/05/23 】
【 2016/05/20 】

キヤノン、シリーズ初の手ブレ補正モデル「IXY DIGITAL 800 IS」


 キヤノンは、手ブレ補正付きコンパクトデジタルカメラ「IXY DIGITAL 800 IS」を4月中旬に発売する。価格はオープンプライス。店頭予想価格は5万円弱の見込み。

 スタイリッシュコンパクトデジタルカメラ「IXY DIGITAL」シリーズ初の光学式手ブレ補正機構「IS(Image Stabilizer)」を搭載モデル。さらにISO800での撮影に対応した。レンズも光学4倍に高倍率化している。海外では「PowerShot SD 700 IS」、「Digital IXUS 800 IS」として2月21日に発表済み。記録メディアはSDメモリーカード/MMC。

 搭載する手ブレ補正機構は、IS制御用ICとISユニットを小型化した新規開発のもの。シフトレンズをレンズ鏡胴内で動かすのはこれまでと同じだが、補正レンズの支持に直径0.3mmのセラミックボール3個を使用するのが特徴。これにより、同社の「PowerShot S2 IS」が搭載する手ブレ補正ユニットに比べ、ユニット容積を約4分の1まで小型化した。一般的なガイドバー方式の場合、軸と軸受けの間にスライドするための隙間が必要だが、点で受けるボール支持の場合は隙間を必要としないため。

 さらにボール支持は、「低摩擦で応答性が高い」、「磁気の影響を受けずレスポンスが良い」、「熱変形が少ない」、「安定性が高く高精度」といった特徴を持つ。ベースに対し、シフトレンズはスプリングで圧着する。

 手ブレ補正効果はおよそ3段分。また、これまで手ブレ信号処理、レンズ制御、シフトレンズ駆動に分かれていた制御チップをワンチップ化し、高精度化と小型化を実現したという。



 ISO800での撮影は、自動的に増感する「ISO HI」モードのほかに個別設定でも可能。高感度撮影時のノイズは映像エンジンの「DiGIC IIで最適に制御した」という。

 IXY DIGITAL 700/600の1/1.8型有効710万画素CCDと異なり、撮像素子に1/2.5型有効600万画素CCDを採用。最大記録解像度は2,816×2,112ピクセル。640×480ピクセル、30fpsでの動画記録にも対応する。

 レンズは焦点距離35〜140mm(35mm判換算)、F2.8〜5.5の光学4倍ズーム。超屈折率のUAレンズ1枚のほか、非球面レンズも2枚を採用する。最短撮影距離は45cm。マクロ撮影時は広角端2cm、望遠端60cmからの近接撮影が可能。IXY DIGITAL 700/600では、マクロ撮影時の広角端が5cmだった。

 17.3万画素の2.5型液晶モニターを搭載。従来機種と同様に「LCDブースター」、「縦横自動回転再生」、「効果付き画像送り」などが利用できる。光学ファインダーも備える。


専用の水中ケース「WP-DC5」(19,800円)
 また、「16:9ワイド撮影」(2,816×1,584ピクセル)を追加。ワイドテレビなどでの表示に加え、同社のコンパクトフォトプリンタ「SELPY CP」シリーズでのワイドプリントも楽しめる。用紙は4×8用紙(ワイドサイズ)を使用する。

 従来機種と同様、「くっきり」、「すっきり」、「ポジフィルム」などから選択できる「マイカラー機能」も搭載している。さらに今回は、撮影後に効果をかける「レタッチマイカラー」も装備。また、レンズ収納時間設定に「1分」と「0秒」が加わった。

 電源は専用リチウムイオン充電池。CIPA規格基準の撮影枚数は約240枚。本体サイズは90.4×26.4×56.5mm(幅×奥行き×高さ)、重量は約165g(本体のみ)。



お問い合わせ先
  お客様相談センター
  Tel.050-555-90002
  Tel.043-211-9556


URL
  キヤノン
  http://canon.jp/
  ニュースリリース
  http://cweb.canon.jp/newsrelease/2006-03/pr-ixyd800is.html
  製品情報
  http://cweb.canon.jp/camera/ixyd/800is/

関連記事
米Canon、手ブレ補正付きコンパクト「PowerShot SD700 IS」を発表(2006/02/22)
キヤノン、2.5型液晶モニター搭載の「IXY DIGITAL 700」(2005/08/23)


( 本誌:折本 幸治 )
2006/03/07 13:16
デジカメ Watch ホームページ
・記事の情報は執筆時または掲載時のものであり、現状では異なる可能性があります。
・記事の内容につき、個別にご回答することはいたしかねます。
・記事、写真、図表などの著作権は著作者に帰属します。無断転用・転載は著作権法違反となります。必要な場合はこのページ自身にリンクをお張りください。業務関係でご利用の場合は別途お問い合わせください。

Copyright (c) 2006 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.