デジカメ Watch
最新ニュース
【 2016/05/31 】
【 2016/05/30 】
【 2016/05/27 】
【 2016/05/26 】
【 2016/05/25 】

オリンパス、楔型デザインのコンパクト機「μ710」

〜ボディ表面はアルマイト加工やプラチナコート

μ710(プラチナシルバー)
 オリンパスは、クラス最小最軽量のコンパクトデジタルカメラ「μ710」を2月中旬に発売する。価格はオープンプライス。店頭予想価格は45,000円前後の見込み。カラーバリエーションは、プラチナシルバー、プラチナブラック、サンシャインオレンジ、カリビアンブルーの4色。

 「波」をモチーフにしたというデザインのコンパクトデジタルカメラ。撮像素子は1/2.33型の有効710万画素CCD。沈胴式の光学3倍ズームレンズ、11.5万画素の2.5型液晶モニター、19MBの内蔵メモリなどを備える。記録メディアはxDピクチャーカード。μシリーズの従来機と同様、生活防水機能も備える。

 プラチナシルバーとプラチナブラックの前面には、ベースプレートの上に24Kメッキを施し、さらにプラチナ合金のコーティングを採用。「キズに強く上質な質感を実現した」という。一方、サンシャインオレンジとカリビアンブルーには、鮮やかさを強調するためアルマイト加工処理を行なっている。また、前面と背面でカラーを変えるなど、ブラックおよびシルバーとの差別化を図ったという。

 本体サイズは94.8×20.4×55.9mm(幅×奥行き×高さ)、重量は103g(本体のみ)。700万画素クラスで最小・最軽量」としている。コンパクトなボディで話題になった「μ-mini DIGITAL」(2004年発売)と比べ、幅と高さはほぼ同寸、厚みで約7mm薄い。


プラチナブラック(上)、カリビアンブルー(左下)、サンシャインオレンジ(右下) 上面 背面

 同時発表のμ810などと同じく、ブレ軽減モードでISO1600までのフル解像度記録に対応。さらに「寝顔」、「キャンドル」など一部のシーンモードではISO2500までの増感撮影も行なえる。ただし、記録解像度は300万画素に減少する。これを被写体照度に合わせて自動的に輝度を向上する液晶モニターとあわせ、同社では「ブライトキャプチャー」機能と呼ぶ。

 レンズには、SHR(Super High Refractive index、超高屈折率)ガラスを採用。さらに4枚の非球面レンズを組み込み、レンズユニットの薄型化を実現したという。焦点距離は37〜111mm(35mm判換算)、開放F値は3.4〜5.7。最短撮影距離は、通常撮影時が0.6m、マクロモード広角端が0.2m、同望遠端が0.5m。撮影距離範囲8〜60cmのスーパーマクロモードも利用できる。

 最大記録解像度は3,072×2,304ピクセル。最大640×480ピクセル、15fpsでの動画記録も行なえる。カメラ内で赤目補正、明るさ調整、フレーム合成、カレンダー作成などが可能。リチウムイオン充電池「LI-42B」で駆動し、CIPA規格基準で約180枚を撮影できる。



お問い合わせ先
  カスタマーサポートセンター
  Tel.0120-084-215
  Tel.0426-42-7499


URL
  オリンパス
  http://www.olympus.co.jp/
  製品情報
  http://olympus-imaging.jp/digitalcamera/mju710/


( 本誌:折本 幸治 )
2006/01/31 12:05
デジカメ Watch ホームページ
・記事の情報は執筆時または掲載時のものであり、現状では異なる可能性があります。
・記事の内容につき、個別にご回答することはいたしかねます。
・記事、写真、図表などの著作権は著作者に帰属します。無断転用・転載は著作権法違反となります。必要な場合はこのページ自身にリンクをお張りください。業務関係でご利用の場合は別途お問い合わせください。

Copyright (c) 2006 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.