デジカメ Watch
最新ニュース
【 2016/05/24 】
【 2016/05/23 】
【 2016/05/20 】
【 2016/05/19 】
【 2016/05/18 】

三洋電機、タッチフォーカス採用の600万画素機


Xacti DSC-S6
 三洋電機は、シャッターボタンにタッチセンサーを搭載したコンパクトデジタルカメラ「Xacti(ザクティ) DSC-S6」を10月下旬に発売する。価格は38,850円。

 同時発表の「DSC-E6」の下位機種にあたるモデルで、同じくシャターボタンにタッチセンサーを内蔵した「タッチフォーカス」を搭載。CCD、画像処理LSI「ピュアフォーカスエンジン」、SDメモリーカードの採用など、そのほかの共通部分も多い。ただし、液晶モニターは約8.6万画素の2型で、レンズも屈曲光学ではなく沈胴式を採用。電源もリチウムイオンではなく、単三電池を使用する。

 タッチフォーカスは、触れるだけでAF動作を行ない、押し込むとシャッターが切れる機構。タッチセンサー付きシャッターボタンは、旧ミノルタのX-700やα-9などの銀塩一眼レフカメラで搭載例があるが、デジタルカメラでは世界初としている。

 CCDは1/2.5型の有効約600万画素。記録解像度は3,680×2,760(画素補間)/2,816×2,112/2,288×1,712/1,600×1,200/640×480ピクセル。感度はオート/ISO50/100/200/400相当。最大320×240ピクセル、15fpsの動画記録も可能。

 35mm判換算で焦点距離35〜105mmの光学3倍ズームレンズを搭載。開放F値はF2.8〜4.9。非球面レンズ1枚を含む5群6枚構成となっている。最短撮影距離は広角端10cm、望遠端40cm。マクロ時には広角端5cm、望遠端40cmからの近接撮影が行なえる。

 画像処理LSI「ピュアフォーカスエンジン」には、画素補間技術の「ピクトライズ1000」、9点測距AF、画像処理技術、「新コスメモード」、斜め解像度アップ、14段階のMF対応などを搭載。電源投入から撮影スタンバイまでは約2.7秒、レリーズタイムラグ約0.05秒、撮影間隔は約2秒。

 また、E6と同じく、「ポートレート」、「風景」、「スポーツ」などの「シーンセレクトショット」に「セピア」や「モノクロ」などの「デジタルエフェクト」を組み合わせる「シーンセレクト“プラスデジタル”」を搭載している。

 SDメモリーカードに加え、本体内蔵の15MBメモリへの記録が可能。電源は単三アルカリ乾電池2本、または単三ニッケル水素電池2本を使用する。CIPA規格準拠の電池使用可能時間は約120枚。USB 2.0インターフェイスも備える。

 本体前面には、従来の横型Xactiシリーズから引き継いだ自分撮りミラーを装備。本体サイズは93.1×27.1×60.5mm(幅×奥行き×高さ)、重量は約124g(本体のみ)、約173g(電池、SDメモリーカード込み)。本体色はディープグレーのみ。



お問い合わせ先
  お客様相談室
  Tel.072-870-4184


URL
  三洋電機
  http://www.sanyo.co.jp/


( 本誌:折本 幸治 )
2005/08/24 13:06
デジカメ Watch ホームページ
・記事の情報は執筆時または掲載時のものであり、現状では異なる可能性があります。
・記事の内容につき、個別にご回答することはいたしかねます。
・記事、写真、図表などの著作権は著作者に帰属します。無断転用・転載は著作権法違反となります。必要な場合はこのページ自身にリンクをお張りください。業務関係でご利用の場合は別途お問い合わせください。

Copyright (c) 2005 Impress Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.