デジカメ Watch
最新ニュース
【 2016/05/24 】
【 2016/05/23 】
【 2016/05/20 】
【 2016/05/19 】
【 2016/05/18 】

三洋電機、MPEG-4カメラの新モデル「Xacti DMX-C5」

〜スタイルを一新、CCDが500万画素に

左からラグジュアリーシルバー、ノーブルブロンズ、マニッシュホワイト
 三洋電機は、MPEG-4ムービーカメラ「Xacti DMX-C5」を3月25日より順次発売する。価格は75,600円。計3色をラインナップし、発売日は「ラグジュアリーシルバー」が3月25日、「ノーブルブロンズ」と「マニッシュホワイト」が4月8日となっている。

 2004年9月発売のMPEG-4ムービーデジカメ「DMX-C4」の後継機。動画記録中にモード切替操作なしで静止画を撮影する機能など、C4のコンセプトを継承しながらCCDを1/2.7型有効400万画素から同500万画素に変更。さらに、直線を採り入れたスタイルになるなど、本体デザインも一新されている。

 本体の小型化のため、基板実装面積をC4から約40%削減。メガピクセルCCDと光学ズームレンズ搭載のビデオカメラにおいて、世界最小・最軽量を実現したという。レンズユニットも約26%小型化された。

 ただし、それに伴い光学ズーム比が5.8倍から5倍に、開放F値もF3.5〜3.7からF3.5〜4.7と仕様が変わっている。焦点距離は35mm判換算で38〜190mm。光屈折率ガラスや3枚5面の非球面レンズを採用している。

 そのほか、ドッキングステーションS映像出力端子を新設。電子式手ブレ補正適用時のファインダーに、記録範囲以外をフレーム外にも表示する「Aモード」と、従来通り記録する映像のみを表示する「Bモード」の2モードを新たに設けた。

 CCDは1/2.5型の有効500万画素。記録解像度は3,680×2,760/2,592×1,944/1,600×1,200/640×480ピクセル。最大解像度は「ピクトライズ1000」と呼ぶ画素補間技術を使用している。静止画撮影時の感度は、オート(50〜200相当)/50/100/200/400相当。

 従来通り、MPEG-4準拠の640×480ピクセル/30fpsの動画を記録中に、モード切替なしで静止画を撮影可能。動画モードの場合、4画素を混合することで感度を4倍に向上させる。また、500万画素に対応するため、動画・静止画圧縮の並列処理や、インターリーブ記録技術を盛り込んだ新エンジンを搭載している。

 液晶モニターには、「NEWサファイア液晶」と呼ぶ21万画素の2型半透過型低温ポリシリコンTFT液晶を採用。記録メディアはSDメモリーカードで、PCとはUSB 2.0で接続する。

 電源はリチウムイオン電池「DB-L20」で、静止画撮影枚数は約113枚(CIPA規格準拠)、動画記録時間は約60分としている。本体サイズは23×68×108mm(幅×奥行き×高さ)、重量は約145g(本体のみ)。



URL
  三洋電機
  http://www.sanyo.co.jp/
  ニュースリリース
  http://www.sanyo.co.jp/koho/hypertext4/0503news-j/0301-1.html
  【2004年8月23日】三洋、電子手ぶれ補正を搭載した400万画素スチル&ムービーデジカメ(PC)
  http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2004/0823/sanyo.htm


( 折本 幸治 )
2005/03/01 16:03
デジカメ Watch ホームページ
・記事の情報は執筆時または掲載時のものであり、現状では異なる可能性があります。
・記事の内容につき、個別にご回答することはいたしかねます。
・記事、写真、図表などの著作権は著作者に帰属します。無断転用・転載は著作権法違反となります。必要な場合はこのページ自身にリンクをお張りください。業務関係でご利用の場合は別途お問い合わせください。

Copyright (c) 2005 Impress Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.