デジカメ Watch
最新ニュース
【 2016/05/27 】
【 2016/05/26 】
【 2016/05/25 】
【 2016/05/24 】
【 2016/05/23 】

富士フイルム、普及価格帯モデル「FinePix A350/A345」


 富士写真フイルム株式会社は、初心者向けデジタルカメラ「FinePix Aシリーズ」の新製品として、有効520万画素CCDを搭載した「FinePix A350」と、有効410万画素搭載の「FinePix A345」を3月に発売する。価格はオープンプライス。店頭予想価格はA350が3万円前後、A345が2万円前後の見込み。


FinePix A350 FinePix A345

 FinePix A350は、1/2.5型有効520万画素CCD、光学3倍ズームレンズ、1.7型液晶モニターなどを搭載する普及価格帯モデル。米国では8日に発表された。従来機種「FinePix A340」と異なり、電源連動のスライド式レンズカバーは採用していない。また「スーパーCCDハニカムHR V」ではなく、一般的な正方画素のCCDを搭載する。

 CCDは原色フィルター付の1/2.5型有効520万画素。記録画素数は2,592×1,944/2,592×1,728/2,048×1,536/1,600×1,200/640×480ピクセル。最大320×240ピクセル、15fpsの音声付動画記録も行なえる。形式はAVI(Motion JPEG)。


FinePix A350背面
 35mm判換算で焦点距離35〜105mmのフジノン光学3倍ズームレンズを搭載。開放F値はF2.8〜4.7。標準撮影時の最短距離は約60cm。マクロモード時の撮影範囲は約6〜80cm。

 液晶モニターは、約11.5万画素の1.7型TFT液晶。光学ファインダーも備える。記録メディアはxDピクチャーカード。PCとはUSBで接続する。

 電源は単3電池2本を使用。アルカリ、ニッケル水素充電の各方式に対応する。CIPA規格準拠の電池寿命はアルカリ電池で約100枚、ニッケル水素充電池で約290枚。

 本体サイズは90×30.3×60mm(幅×奥行き×高さ)、重量は132g(本体のみ)。付属電池とxDピクチャーカード装着時の重量は約180g。

 FinePix A345は、CCDを1/2.5型の有効410万画素にした下位モデル。記録解像度は2,304×1,728/2,304×1,536/1,600×1,200/1,280×960/640×480ピクセル。

 A350とはボディデザインが共通で、レンズも同じ。デジタルズームがF350の最大約4.1倍から最大約3.6倍になるほか、連写可能枚数が減る以外はA350と同じ仕様となっている。


FinePix A350(上面) 同左側面


URL
  富士写真フイルム
  http://www.fujifilm.co.jp/
  ニュースリリース
  http://www.fujifilm.co.jp/news_r/nrj1334b.html

関連記事
米Fujifilm、単3電池電池駆動に対応したエントリーモデル「FinePix A350/345」(2005/02/09)


( 折本 幸治 )
2005/02/15 19:06
デジカメ Watch ホームページ
・記事の情報は執筆時または掲載時のものであり、現状では異なる可能性があります。
・記事の内容につき、個別にご回答することはいたしかねます。
・記事、写真、図表などの著作権は著作者に帰属します。無断転用・転載は著作権法違反となります。必要な場合はこのページ自身にリンクをお張りください。業務関係でご利用の場合は別途お問い合わせください。

Copyright (c) 2005 Impress Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.