デジカメ Watch
最新ニュース
【 2016/05/24 】
【 2016/05/23 】
【 2016/05/20 】
【 2016/05/19 】
【 2016/05/18 】

松下、手ブレ補正採用の400万画素普及機「DMC-LS1」


 松下電器産業株式会社は、普及価格帯ながら光学式手ブレ補正機構を搭載したコンパクトデジタルカメラ「LUMIX DMC-LS1」を3月25日に発売する。価格はオープンプライス。店頭予想価格は3万円前後の見込み。シルバー、ブルー、ブロンズの3色を用意する。

 LUMIXシリーズの普及機で、「DMC-LC70」の後継機種にあたるが、上位機種と同じく手ブレ補正機構が搭載された。これにより、LUMIXシリーズで手ブレ補正を搭載しないのは2/3型CCDを採用する上級機「DMC-LC1」のみとなる。


DMC-LS1-S(シルバー) DMC-LS1-A(ブルー) DMC-LS1-T(ブロンズ)

 そのほか、液晶モニターが1.5型から2型に、画像処理LSI「ヴィーナスエンジン」を「ヴィーナスエンジンプラス」に、AF測距点を1点から5点へと変更。メモリーカードいっぱいまでの「フリー連写」(4コマまたは2コマ/秒)にも対応した。14MBの内蔵メモリも新たに搭載。ただし、光学ファインダーが省略されている。

 撮像素子は原色フィルター採用の1/2.5型有効400万画素CCD。記録画素数は2,304×1,728/1,920×1,080(HDTV)/1,600×1,200/1,280×960/640×480ピクセル。320×240ピクセルでの動画記録も可能で、フレームレートは30/10fps。ただし、動画は音声なし。

 レンズは光学3倍ズームのLUMIX DCバリオレンズ。同時発表の「DMC-LZ2」と同じく、同社オリジナルの設計。従来のLUMIXシリーズと異なり、ライカの認証は得ていない。今後は中級機や普及価格帯の製品にLUMIXレンズを投入するという。

 35mm判換算の焦点距離は35〜105mm、開放F値は2.8〜5。最短撮影距離は50cm。マクロおよび「かんたんモード」時は広角端5cm、望遠端30cm。

 液晶モニターは8.5万画素の2型TFT。記録メディアはSDメモリーカードおよびMMCで、14MBの内蔵メモリーも搭載する。

 電源に単3電池2本を使用し、オキシライド(同梱)、アルカリ、ニッケル水素充電池が利用できる。CIPA規格準拠の電池寿命は、付属のオキシライド電池使用時で約215枚。LC70と同じく、液晶モニターOFFなどを自動制御する「エコモード」を備えている。PictBridge対応のUSB端子も装備する。

 外形寸法は93.5×30.7×63mm(幅×奥行き×高さ)、重量は約142g(本体のみ)、約188g(電池含む)。



URL
  松下電器
  http://panasonic.co.jp/
  ニュースリリース
  http://panasonic.co.jp/corp/news/official.data/data.dir/jn050208-3/jn050208-3.html
  製品情報
  http://panasonic.jp/dc/ls1/


( 折本 幸治 )
2005/02/08 15:38
デジカメ Watch ホームページ
・記事の情報は執筆時または掲載時のものであり、現状では異なる可能性があります。
・記事の内容につき、個別にご回答することはいたしかねます。
・記事、写真、図表などの著作権は著作者に帰属します。無断転用・転載は著作権法違反となります。必要な場合はこのページ自身にリンクをお張りください。業務関係でご利用の場合は別途お問い合わせください。

Copyright (c) 2005 Impress Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.