デジカメ Watch
最新ニュース
【 2016/05/30 】
【 2016/05/27 】
【 2016/05/26 】
【 2016/05/25 】
【 2016/05/24 】

ソニー、「クイックシフトバウンス」搭載外付ストロボ「HVL-F58AM」

〜無線光量比制御を搭載

 ソニーは、デジタル一眼レフカメラのαシリーズ用クリップオンストロボ「HVL-F58AM」を、8月28日に発売する。価格は6万3,000円。

 「HVL-F56AM」に代わる、同社クリップオンストロボのフラッグシップモデル。フォトイメージングエキスポ2008などで、αシリーズフラッグシップ機とともにモックアップが展示されていた。

 上下-10〜150度のバウンス機構のほかに、発光部を左右に90度ずつ倒せる「クイックシフトバウンス」機能を備える。従来はカメラを回転させて横/縦位置を切り替えると、発光部も回転してしまい配光が変わってしまったが、クイックシフトバウンスにより、1回転の操作で上下バウンス角などの配光設定を維持したまま、カメラを横位置、縦位置に切り替えることができる。なお左右バウンス機構はないため、クイックシフトバウンスと上下バウンス機構を組み合わせて、左右方向に配光する。

 発光部を倒す際には、ストロボ背面の液晶パネルと操作部が一緒に動くため、表示の視認性や操作性も変わらない。



クイックシフトバウンスにより、配光設定を変えずに湾アクションで縦位置、横位置を変更できる

クイックシフトバウンス時は、背面液晶と操作部も一緒に回転する
スタンドは折りたたみ式

 また、3グループのストロボをワイヤレス制御する機能も搭載。HVL-F58AM上で、3グループのストロボの光量比を変更できる。光量比制御に対応するのは現在のところ、ボディがα700、ストロボはHVL-F58AM/HVL-F42AM。

 ガイドナンバーは58(105mm、ISO100)。照射角は24〜105mm。ワイドパネル使用時は16mmとなる。

 ボディとの色温度情報通信によるホワイトバランス自動補正(α100の除くソニー製デジタル一眼レフカメラ)や、撮像素子サイズに最適化したズーム制御機構を備える。調光方式はADI、P-TTL、マニュアルが可能。

 電源は単3乾電池4本で、アルカリ電池、ニッケル水素電池、リチウム電池に対応する。アルカリ電池使用時の最短発光間隔は5秒(フル発光)、発光回数は約100回以上。

 本体サイズは約77×106×147mm(幅×奥行き×高さ)、電池を除く重量は約440g。専用ケースと折りたたみ式のスタンドが付属する。



URL
  ソニー
  http://www.sony.co.jp/
  ニュースリリース
  http://www.sony.jp/CorporateCruise/Press/200807/08-0707B/
  製品情報
  http://www.ecat.sony.co.jp/dslr/acce/acc.cfm?PD=31460

関連記事
ソニー、ガイドナンバー42のストロボ「HVL-F42AM」(2008/02/01)


( 本誌:田中 真一郎 )
2008/07/07 12:35
デジカメ Watch ホームページ
・記事の情報は執筆時または掲載時のものであり、現状では異なる可能性があります。
・記事の内容につき、個別にご回答することはいたしかねます。
・記事、写真、図表などの著作権は著作者に帰属します。無断転用・転載は著作権法違反となります。必要な場合はこのページ自身にリンクをお張りください。業務関係でご利用の場合は別途お問い合わせください。

Copyright (c) 2008 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.