デジカメ Watch
最新ニュース
【 2016/05/25 】
【 2016/05/24 】
【 2016/05/23 】
【 2016/05/20 】
【 2016/05/19 】

プリンタメーカー6社と郵政グループ、使用済みインクカートリッジ共同回収プログラム

〜全国3,638の郵便局に専用回収ボックスを設置

使用済みカートリッジリサイクルの仕組み
 プリンタメーカー主要6社と日本郵政グループは8日、使用済みインクカートリッジの共同回収プログラム「インクカートリッジ里帰りプロジェクト」を開始した。

 家庭用インクジェットプリンタで使用済みとなったインクカートリッジを全国の主要な郵便局3,638局で回収し、各メーカーが再利用を行なうもの。ユーザーは、参加メーカーの使用済みインクカートリッジを郵便局の専用回収ボックスに入れることで、リサイクルが可能になる。

 同プロジェクトを行なうメーカーは、ブラザー、キヤノン、デル、エプソン、日本HP、レックスマーク。回収ボックスに溜まった使用済みカートリッジは、一旦ゆうパックにより仕分け作業所(長野県諏訪市)に集め、メーカーごとに仕分けする。その後、各メーカーのリサイクル工場に送られる仕組み。使用済みカートリッジは、新たなカートリッジの原料などになる。


郵便局に設置する回収箱
 郵便局が持つ物流システムを使用することで、これまで10%程度とされていた使用済みインクカートリッジの回収率を引き上げ、再資源化を促進するのが目的。郵便局が各局に回収箱を設置し、郵便事業が資材物流とゆうパックの発送を担当する。仕分け作業は、エプソンの特定子会社で障がい者雇用施設のミズベ作業所が行ない、各プリンタメーカーが再資源化や告知活動を実施する。

 インクカートリッジは国内で年間約2億個が販売されており、再資源化のための回収率向上が課題だった。今後、近いうちに現在の2倍程度の回収率を目指す。今回の6社で国内プリンタ市場のほぼすべてを占めており、インクカートリッジのシェアも約9割に達する。なおプロジェクトの費用は、おおむね回収量の比率に応じて各メーカーが負担する。


イメージキャラクターでアピールする 3,638の郵便局に回収ボックスを設置し、全国をカバーする

発表会に出席したメーカー、郵政グループの代表。後列左からブラザー販売代表取締役の片山俊介氏、デルノースアジアマーケティング&オペレーションズディレクターのジェームス・リー氏、日本HP専務執行役員の吉田雅彦氏、レックスマーク代表取締役社長の中西伸行氏。前列左からキヤノンマーケティングジャパン代表取締役社長の村瀬治男氏、郵便事業代表取締役会長の北村憲雄氏、郵便局代表取締役会長の川茂夫氏、エプソン販売代表取締役社長の平野精一氏
 同日都内で行なわれた発表会で、キヤノンマーケティングジャパン代表取締役社長の村瀬治男氏は、「これまで、量販店などで個別に回収していたが、コンシューマー製品であり少数だったことから家庭の一般ごみとして捨てられており、メーカーとしても回収に限界を感じていた」と経緯を話した。また、「同プロジェクトを世界初の試みとし、日本から発信する1つのよい事例となるようにしたい」と抱負を述べた。

 郵便事業代表取締役会長でCEOの北村憲雄氏は、「各社共通のスキームでは世界初。郵政グループにとってもサポートできることはうれしい。使いやすい既存のインフラを使うことで回収できるのがポイント。手軽に始められる地球温暖化対策といえる」と述べた。

 また、郵便局代表取締役会長でCEOの川茂夫氏は、「これまで郵便局ではPC、消火器の回収や家電リサイクル券の取り扱いをしてきており、郵便局ネットワークをリサイクルなどのプラットフォームとし、ユーザーの利便性を高めたい」と話した。また川氏によると、回収ボックスを設置したのは、集配機能を備えた郵便局。カートリッジの配収や管理がしやすく、土日の一部も利用できるという。将来的には、利用時間帯や立地場所をトライアルしながら回収ボックス設置局を順次増やすとしている。



URL
  ブラザー
  http://www.brother.co.jp/
  キヤノン
  http://canon.jp/
  デル
  http://www1.jp.dell.com/
  エプソン
  http://www.epson.jp/
  日本HP
  http://welcome.hp.com/country/jp/ja/welcome.html
  レックスマーク
  http://www.lexmark.com/uncomplicate/site/home/0,7085,577054412_0_0_ja_0_0_0_JP,00.html
  日本郵政
  http://www.japanpost.jp/
  ニュースリリース(PDF)
  http://www.post.japanpost.jp/whats_new/2008/0408_01_c01.pdf


( 本誌:武石 修 )
2008/04/08 19:19
デジカメ Watch ホームページ
・記事の情報は執筆時または掲載時のものであり、現状では異なる可能性があります。
・記事の内容につき、個別にご回答することはいたしかねます。
・記事、写真、図表などの著作権は著作者に帰属します。無断転用・転載は著作権法違反となります。必要な場合はこのページ自身にリンクをお張りください。業務関係でご利用の場合は別途お問い合わせください。

Copyright (c) 2008 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.