デジカメ Watch
最新ニュース
【 2016/05/30 】
【 2016/05/27 】
【 2016/05/26 】
【 2016/05/25 】
【 2016/05/24 】

米Polaroid、インク不要の小型プリンタを発表

〜プリンタ内蔵デジカメとともに2008年中に発売

発表された小型プリンタ
 米Polaroidは7日(現地時間)、Zero Inkを採用した小型プリンタと、プリンタを搭載したデジタルカメラ「デジタルインスタントカメラ」を、2008年中に発売すると発表した。価格は明らかにされていない。なお日本ポラロイドによれば、日本での発売も予定されている。

 Zero Inkは米ZINK Imagingが開発した印刷技術。Zero Inkでは、用紙にあらかじめシアン、マゼンタ、イエローの染料の結晶が塗布されている。通常の状態では用紙は無色だが、熱を加えることで発色する。発色は温度で制御する。このため、インクリボンやインクカートリッジが不要となり、プリンタを小型化できる。

 熱を使う点が昇華型熱転写プリンタと似ているが、昇華型ではインクリボンのインクを熱で用紙に付着させるのに対し、Zero Inkでは用紙内のインクを発色させることが異なる。また、昇華型では1枚の用紙につきプリントヘッドまたは用紙が数回動く必要があるのに対し、Zero Inkは1回動かすだけで印刷できる。

 発表されたのは、リチウムイオン充電池で駆動される小型プリンタのみ。本体サイズは72×23.5×120mm(幅×奥行き×高さ)。充電池を含む重量は8オンス(約227g)。デジタルインスタントカメラについては写真などは発表されていない。

 小型プリンタはPictBridgeに対応したUSB端子を備えるほか、Bluetoothにも対応する。用紙サイズは2×3インチ(約5×8cm)で、印刷速度は約60秒/枚。


発表された小型プリンタ PictBridgeとBluetoothに対応する

Zero Inkの用紙。3色の染料の結晶が用紙に塗布されている
Zero Inkの用紙のパッケージ


URL
  Polaroid(英文)
  http://www.polaroid.com/
  ニュースリリース
  http://www.polaroid.co.jp/aboutpola/press/080108.html


( 本誌:田中 真一郎 )
2008/01/08 17:43
デジカメ Watch ホームページ
・記事の情報は執筆時または掲載時のものであり、現状では異なる可能性があります。
・記事の内容につき、個別にご回答することはいたしかねます。
・記事、写真、図表などの著作権は著作者に帰属します。無断転用・転載は著作権法違反となります。必要な場合はこのページ自身にリンクをお張りください。業務関係でご利用の場合は別途お問い合わせください。

Copyright (c) 2008 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.