デジカメ Watch
最新ニュース
【 2016/05/27 】
【 2016/05/26 】
【 2016/05/25 】
【 2016/05/24 】
【 2016/05/23 】

三菱製紙、白黒印画紙「月光」をインクジェット用紙で復活


 三菱製紙は19日、モノクロ用インクジェット用紙「月光(GEKKO)」を開発したと発表した。販売元はピクトリコ。3月後半に発売する。第1弾として、微粒面光沢・印画紙タイプの「GEKKOブルー・ラベル」と、光沢・画材用紙タイプの「GEKKO/レッド・ラベル」をラインナップ。価格はいずれも未定。


GEKKOブルー・ラベル GEKKO/レッド・ラベル

 銀塩印画紙「月光」の名を冠したモノクロ用インクジェット用紙。黒の締まりと発色に優れ、多階調印画紙のような軟らかいグラデーションを再現するという。用途として個人など展覧用アート作品の製作用紙や、デジタルカメラ、特にデジタル一眼レフカメラでの使用を想定している。

 ブルー・ラベル、レッド・ラベルとも、サイズは六切(203×254mm)、四切(254×305mm)、A3ノビ(329×483mm)。厚さおよび斤量は、ブルー・ラベルが290μm・285g/平方m、レッド・ラベルが480μm・265g/平方m。

 推奨プリンタは、グレーインク採用の顔料インクモデル。ピクトリコでは、エプソンMAXART PX-5800/PX-5500、同PM-4000PX、日本HP Photosmart 8753/Pro B9180を挙げている。

 また、インクジェット用「月光(GEKKO)」の専用紹介ページを設け、ICCプロファイルや、モノクロ画像変換ソフト「GEKKO-DI」の無料ダウンロードサービスを行なうという。

 さらに月光シリーズ第2弾として、バライタ調紙・滑面光沢の「GEKKOグリーン・ラベル」と、印画紙・滑面無光沢の「GEKKOブラック・ラベル」を予定している。

 「月光」は、1950年にモノクロ銀塩写真印画紙として発売。「月光調」と呼ばれる冷黒系の調子を提案し、幅広い層から支持を受けた。2006年3月に販売終了を発表。約1年を経て、インクジェット用紙として復活した。ピクトリコはインクジェット用「月光(GEKKO)」で、2009年末に年間2億円の売上高を目指すとしている。



URL
  三菱製紙
  http://web.infoweb.ne.jp/mpm/
  ニュースリリース(三菱製紙)
  http://web.infoweb.ne.jp/mpm/news/070119.html
  ニュースリリース(ピクトリコ)
  http://www3.pictorico.co.jp/070119gekko_release.html
  製品情報
  http://www.gekkoij.com/
  カタログ(PDF)
  http://web.infoweb.ne.jp/mpm/news/070119.pdf

関連記事
三菱製紙、白黒印画紙「GEKKO」の生産を終了(2006/03/09)


( 本誌:折本 幸治 )
2007/01/19 17:10
デジカメ Watch ホームページ
・記事の情報は執筆時または掲載時のものであり、現状では異なる可能性があります。
・記事の内容につき、個別にご回答することはいたしかねます。
・記事、写真、図表などの著作権は著作者に帰属します。無断転用・転載は著作権法違反となります。必要な場合はこのページ自身にリンクをお張りください。業務関係でご利用の場合は別途お問い合わせください。

Copyright (c) 2007 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.