デジカメ Watch
最新ニュース
【 2016/05/30 】
【 2016/05/27 】
【 2016/05/26 】
【 2016/05/25 】
【 2016/05/24 】

市川ソフト、JPEG専用“現像"ソフト「SILKYPIX JPEG Photography」

〜調整機能はSILKYPIX 3.0と同等、β版を無償公開中

SILKYPIX JPEG Photography
 市川ソフトラボラトリーは、JPEG画像の補正に特化した画像処理ソフト「SILKYPIX JPEG Photography」を2007年1月下旬に発売する。価格は8,000円。現在、Windows用のβ版を無償でダウンロードできる。使用期限は2007年2月14日。対応OSはWindows Me/2000/XP。

 同社のRAW現像ソフト「SILKYPIX Developer Studio 3.0」が採用する技術「RAW Bridge」を利用したソフト。同技術は、RAWデータの現像処理と同様なリニアRAW変換処理をJPEGやTIFFに対して行なうもので、JPEGデータを16bitに階調補間し、トーンやガンマを線形化してから画像処理する仕組み。一般的なフォトレタッチソフトに比べて調整幅が広く、画質の劣化も少ない。同社ではRAW BridgeでのJPEG/TIFF処理を画像処理ではなく、RAWへの処理と同じく「現像処理」と呼んでいる。

 SILKYPIX Developer Studio 3.0と同様、SILYPIX JPEG Photographyは原画に手を加えず、変更内容(現像パラメータ)を別ファイルとして保存する方式を採る。保存後もやり直しが効くうえ、一般的なフォトレタッチと異なり、画像調整の順序にこだわる必要がない。さらに、現像済みファイルに現像パラメータをExif情報のメーカーノートタグに埋め込める。

 SILKYPIX Developer Studio 3.0との機能差は、入力ファイルがJPEGに限定されること以外まったく同じ。同社では、SILYPIX JPEG PhotographyからSILKYPIX Developer Studio 3.0へのアップグレード版も計画しているという。

 利用できる調整項目は、露出補正、ホワイトバランス調整、シャープネス調整、ノイズ除去、トーン調整、色調整、レンズ収差の補正、回転・デジタルシフト。レンズ収差の補正には、シェーディング補正、ディストーション補正、倍率色収差補正が含まれる。ダイナミック拡張を行なうハイライトコントローラも利用できる。SILKYPIX Developer Studio 3.0の新機能、テイスト適用にも対応している。



URL
  市川ソフト
  http://www.isl.co.jp/
  製品情報
  http://www.isl.co.jp/jpegphoto/

関連記事
市川ソフト、JPEGをRAWのように扱える「SILKYPIX RAW Bridge」(2006/08/18)


( 本誌:折本 幸治 )
2006/12/26 14:48
デジカメ Watch ホームページ
・記事の情報は執筆時または掲載時のものであり、現状では異なる可能性があります。
・記事の内容につき、個別にご回答することはいたしかねます。
・記事、写真、図表などの著作権は著作者に帰属します。無断転用・転載は著作権法違反となります。必要な場合はこのページ自身にリンクをお張りください。業務関係でご利用の場合は別途お問い合わせください。

Copyright (c) 2006 Impress Watch Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.