デジカメ Watch
最新ニュース
【 2016/05/25 】
【 2016/05/24 】
【 2016/05/23 】
【 2016/05/20 】
【 2016/05/19 】

米SanDisk、世界最小のUSB 2.0対応カードリーダー


MobileMate SD+(左上)、MobileMate MS+(右下)
 米Sandiskは25日(現地時間)、世界最小のUSB 2.0対応カードリーダー「MobileMate SD+」と「MobileMate MS+」を発表した。11月からの市場導入を予定し、価格は19.99ドル。

 両モデルともUSBコネクタを実装したカードリーダーで、USBメモリを思わせる筐体の側面にスロットを装備。外形寸法および重量は、MobileMate SD+が74×26×11mm(幅×奥行き×高さ)、16g。MobileMate MS+が64×26×11mm(同)、14g。USBコネクタに装着するキャップが付属する。

 対応メモリーカードは、MobileMate SD+がSDメモリーカード、miniSDカード、MMC、TransFlash、RS-MMC。MobileMate MS+は、メモリースティックPro、メモリースティック、メモリースティックPro Duo、メモリースティックDuoをサポートする。Pro Duo、Duoはアダプタなしで挿入できる。


MobileMate SD+ MobileMate MS+

 どちらもUSB 2.0 Hi-Speedに対応し、ストレージクラスもサポート。対応OSは、Windows 98 SE/Me/2000/XP、Mac OS 9.1.x、Mac OS X 10.2となっている。

 同社は「2006年には約6億台の携帯電話が普及し、そのうちメモリーカードスロットを備えた製品が55%を占める」とのInternational Dataの予測を示し、リテールプロダクト販売マネージャーのMatthijs Hutten氏は、「多くの携帯電話にメモリーカードスロットが装備され、対応カードリーダーの需要も増している」と、Mobilemateの発売意図をコメントしている。



URL
  Sandisk(英文)
  http://www.sandisk.com/
  ニュースリリース
  http://www.sandisk.com/pressrelease/20041025.htm


( 折本 幸治 )
2004/10/26 14:02
デジカメ Watch ホームページ
・記事の情報は執筆時または掲載時のものであり、現状では異なる可能性があります。
・記事の内容につき、個別にご回答することはいたしかねます。
・記事、写真、図表などの著作権は著作者に帰属します。無断転用・転載は著作権法違反となります。必要な場合はこのページ自身にリンクをお張りください。業務関係でご利用の場合は別途お問い合わせください。

Copyright (c) 2004 Impress Corporation, an Impress Group company. All rights reserved.