デジカメ Watch アワード

結果発表!
読者が選ぶ「デジカメ Watch アワード 2015」
ミラーレス部門

各メーカーの有力機種が揃い踏み!1位を制したのは……

読者が選ぶ「デジカメ Watch アワード 2015」の投票結果を発表します。最後の発表となる今回は、ミラーレス部門です。

このアワードは、今年発表されたデジタルカメラから、デジカメ Watch読者が好きな機種を5つ選んで投票し、その年の人気モデルを決定する企画です。

読者が選ぶ「デジカメ Watch アワード 2015」ミラーレス部門

集計期間:2015年12月21日〜12月29日
総投票数:2,491
方法:専用Webページの応募フォームより、5機種まで選んで投票

ノミネートされたのは7メーカーの計16機種。機種数が減少した他部門と異なり、本部門は新製品がことかかず、例年と変わらぬ活況を呈しています。

比較的シンプルなデバイス構成で、かつ初心者をターゲットとしてスタートしたミラーレスカメラも、いまや像面位相差AFの搭載、内蔵EVFモデルによるラインナップの多重化、そしてフルサイズセンサー搭載機が登場するに至るまで多様化しました。レンズラインナップも充実してきており、メインカメラとして利用する読者も増えているのではないでしょうか。

ミラーレス部門 構成比および得票数

※他部門の結果ページは、こちらのページにまとめています。

1位:α7R II(ソニー)1,114票

堂々首位を獲得したのは、ソニーα7R IIでした。ミラーレスカメラで最高レベルの画素数となる、有効4,240万画素の35mmフルサイズセンサーを搭載。しかもボディ内手ブレ補正、像面位相差AF、0.78倍EVF、本体4K記録など、現在考えられる最高のスペックを網羅したハイエンドモデルです。

実勢価格は42万円前後と高価ですが、惜しみない技術投入への賞賛が、票を集めたようです。35mmフルサイズミラーレスというジャンルを切り開いた、ソニーの勢いを感じさせます。

新製品レビュー:ソニーα7R II(実写編)
ソニー「α7R II」国内正式発表 ファーストインプレッション
新製品レビュー:ソニーα7R II(外観・機能編)
メーカー直撃インタビュー:伊達淳一の技術のフカボリ!:ソニーα7R II
ソニー「α7R II」体験イベントレポート
ソニーα7シリーズの違いを見てみよう(2015年夏版)

3位:α7S II(ソニー)682票

1位のα7R IIとは兄弟機で、得票数を合わせると全体のおよそ3割を占めます。前モデルα7Sで驚かされた超高感度路線を踏襲し、最高ISO409600のインパクトはそのままに、ボディ内手ブレ補正を搭載。止まることのない進化を見せています。

新製品レビュー:ソニーα7S II(実写編)
新製品レビュー:ソニーα7S II(外観・機能編)
ソニー、最高ISO409600+5軸手ブレ補正の「α7S II」国内発表
ソニーα7S IIが「ニコニコ天体観測」の生中継カメラに採用
ソニーα7シリーズの違いを見てみよう(2015年夏版)

4位:FUJIFILM X-T10(富士フイルム)576票

本格装備の上位モデルX-T1に対し、小型・カジュアル路線をとったX-T10。それでいて、EVF以外に大きな差分はなく、「こういうミラーレスが欲しかった」とう声も多く聞かれました。その結果、見事4位に。光軸上にEVFを備えているところも、現在のミラーレスカメラのデザイン傾向を押さえているといえます。

新製品レビュー:FUJIFILM X-T10(外観・機能編)
新製品レビュー:FUJIFILM X-T10(実写編)
富士フイルム「X-T1」と「X-T10」の違いを見てみよう
富士フイルム、“X-T1画質”の小型モデル「X-T10」

5位:LUMIX GX8(パナソニック)554票

LUMIX GX8といえば、レンズ内とボディ内、2つの手ブレ補正を組み合わせた「Dual I.S」のインパクトが強烈でした。加えて「フォーカスセレクト」「4Kプリ連写」といった、パナソニックらしい機能が盛り込まれています。

同社ストリートフォト系のフラッグシップカメラとしての造り込みに加え、新しい取り組みに積極的な点が票に繋がりました。

新製品レビュー:パナソニックLUMIX GX8(外観・機能編)
パナソニック「LUMIX GX8」発表会レポート
メーカー直撃インタビュー:伊達淳一の技術のフカボリ!:パナソニック LUMIX GX8
新製品レビュー:パナソニックLUMIX GX8(実写編)
パナソニック、“レンズ内+ボディ内”手ブレ補正の「LUMIX GX8」
LUMIX GX8による作品展が上島珈琲店で開催

総合順位・得票数

総合順位 製品名(ブランド名) 得票数 部門名
1位 PENTAX K-3 II(リコーイメージング) 1,397 一眼レフ
2位 α7R II(ソニー) 1,114 ミラーレス
3位 OM-D E-M5 Mark II(オリンパス) 1,090 ミラーレス
4位 EOS 5Ds R(キヤノン) 899 一眼レフ
5位 RX1R II(ソニー) 746 レンズ一体型(コンパクト)

これで、読者が選ぶ「デジカメ Watch アワード 2015」各部門の発表を終わります。業界を取り巻く環境は依然厳しいものがありますが、振り返ってみると、今年も多くの特徴的な製品が世に出ていることがわかりした。また、人気モデルを選出することで、各部門および全体のトレンドを俯瞰できたのではないでしょうか。デジカメ Watch 読者の信頼できるカメラ選定眼(もちろん一般層よりマニア寄りの視点ですが……)のおかげもあり、有意義な企画になったかと思います。来年に発表される新しい製品群にも、大いに期待がかかります。

(本誌:折本幸治)