私はこれを買いました!

使用頻度の高い小型軽量システムをアップデート

Panasonic LUMIX G9 PRO & LEICA DGズームレンズ3本セット(HARUKI)

今年、デジカメ Watchでレビュー系の記事を複数執筆していただいた写真家・ライターの皆さんに、2018年に購入したカメラ系の製品(新品に限る)を1つだけ挙げていただきました。(編集部)

同一メーカー品でシステムの力を引き出す

タレントや大手企業のトップのポートレート撮影から建築写真、広告写真やブツ撮りからドキュメンタリーまで食べるためには何でも撮るので、中判デジタルからマイクロフォーサーズまで各種センサーサイズのカメラを使っています。特にアシスタントなしで行く撮影では、持ち込める重量や撮影現場での素早い移動のために、軽量コンパクトな機材システムが必要。ということで、オリンパスやパナソニックのカメラを使う機会が多いのです。

オリンパスのE-M1 Mark IIを2台、サブ機にPEN-Fというシステムスタイルをメインにしてきて大変便利でしたが、フォーカスポイントを変更するときだけは煩わしいことがありました。パナソニックからLUMIX G9 PROが出てからはAFポイントを即座に変更出来るジョイスティックが搭載されたことで他に良く使っているキヤノンEOS 5D Mark Ⅳや富士フイルムの中判カメラGFXと同様にAF操作が出来るのですぐに飛びつきました。

オリンパスのレンズは特殊なものを除いて殆どを持っていますがLUMIX用のライカDGレンズは単焦点を3本だけでしたので、G9導入とともにワイド、標準、望遠の3本のズームレンズを揃えました。

マイクロフォーサーズシステムはメーカーが違っても共通マウントで便利なのですが、ズーム位置が逆だったり独特の補正機能とかメーカー独特の利点を最大限に使うためにはボディとレンズが同一である方が有利ですのでちょっと無理して買ってしまいました。

これによってマイクロフォーサーズ用のレンズが怖ろしい数になってしまったので組合せをちゃんと考え直さないとせっかくのメリットであるコンパクトシステムが保てなくなりますね(笑)。

今年は他にもいろいろ買いましたが、やはりキヤノンのフルサイズミラーレスEOS Rですね。出たばかりのRFマウント専用レンズは1本しか持っていないのでEFマウントレンズからどうやって移行させるかが来年の課題となりそうです☆

作例

Panasonic LUMIX G9 PRO / LEICA DG VARIO-ELMARIT 12-60mm F2.8-4.0 ASPH. POWER O.I.S. / 1/6秒 / F4 / -0.7EV / ISO 800 / 60mm

HARUKI

(はるき)写真家・ビジュアルディレクター。1959年広島市生まれ。九州産業大学芸術学部写真学科卒業後、フリーランスでポートレート撮影をメインに雑誌・広告・音楽・映像メディアなどで作品を発表。「第35回・朝日広告賞、グループ入賞&写真表現技術賞」、「PARCO PROMISING PHOTOGRAPHERS #3」、「100 Japanese Photographers」ほか多数受賞。プリント作品は国内外の美術館へ収蔵。長岡造形大学(NID)視覚デザイン学科非常勤講師、日本写真家協会(JPS)会員。