ニュース

CEATECにパナソニックLUMIX LX100が展示

“4Kフォト”をアピール シャープ製「GR認証」スマホも

 映像・情報・通信の総合展示会「CEATEC JAPAN 2014」が幕張メッセで10月7日、開幕した。10月11日まで開催している。時間は10時〜17時。入場料は事前登録により無料、当日1,000円(学生500円)。

会場の幕張メッセ

 以前は“家電ショー”の面も大きかったCEATECだが、近年は各社ともビジネス向けの展示に重きを置くようになっている。今回も家電メーカーは業務向け製品や組み込み技術をメインとした展示が多い。

 デジタルカメラ関連の展示が少ない中、パナソニックはレンズ一体型カメラの新モデルLUMIX DMC-LX100(11月13日発売)などを展示していた。アピールするのは同社が推進する「4Kフォト」。

パナソニックブースは4K一色の展示

 今回のパナソニックブースは「4Kワールド」を旗印に、民生品から業務用まで4K関連に絞った展示を行っていた。展示されているデジタルカメラもLUMIX DMC-GH4やLUMIX DMC-FX1000といった4K撮影対応モデルのみとなっている。

カメラの新製品としてはLUMIX DMC-LX100などを展示
LUMIX DMC-GH4やLUMIX DMC-FX1000も

 4Kフォトは、4K動画から静止画を切り出す機能。約800万画素の画像が得られる。説明員が「対応カメラの発売以来好評」という4Kフォトだが、今回ファームウェアのアップデートでGH4とFX1000が16:9以外のアスペクト比にも対応したことを大々的に訴求していた(LX100は最初から対応)。

さまざまなアスペクト比に対応したことをアピールした
4Kフォトのプリント

 また、ダンサーを撮影して同社の4K対応テレビで表示するデモを実施。4Kフォトの画像をテレビに近寄って見ても、ブレも無く鮮明に写っていた。4Kフォトのコマを選ぶ作業はテレビ画面に映しながらも行えることから、テレビと併せた4Kフォトの作成と観賞も提案した。

4Kフォトの撮影体験もできる
大画面のテレビにカメラの映像を写しながら採用するコマを選ぶことができる

 なお海外発表済みのスマートフォン型デジタルカメラ「LUMIX DMC-CM1」の展示は無かった。引き続き国内発売は未定としている。

 シャープのブースには「GR certified」認証のスマートフォン「ドコモスマートフォンAQUOS ZETA SH-01G」の展示があった。

AQUOS ZETA SH-01G
カメラの撮影画面

 GR certifiedは、リコーイメージングがモバイル機器メーカーを対象に、搭載カメラの画質を評価するプログラム。規定を満たすとGR certifiedの認証を謳える。

 認証にはコンパクトデジタルカメラ「RICOH GR」の開発メンバーによる評価プログラムによって、レンズの解像力や歪曲/色収差、画像処理などの画質認定項目をすべてクリアする必要があるとのこと。

画質認定の項目
レンズの性能向上も要件となっている
レンズ部分は、一般的はスマートフォンと大きく変わる外観ではない
隣にはRICOH GRがケース内に展示されていた

 SH-01Gは11月中旬の発売。約1,310万画素のカメラには光学式手ブレ補正機構も備える。ディスプレイは約5.5型となっている。