【 2016/05/30 】
【 2016/05/27 】
【 2016/05/26 】
【 2016/05/25 】
【 2016/05/24 】

【CES】GPS内蔵の「FinePix F550EXR」を展示した富士フイルム

〜「FinePix X100」用の速写ケースも

 既報の通り、富士フイルムは2011 International CESに合わせてコンパクトデジタルカメラ14機種を発表した。スペックなどの詳細は関連記事を参照いただきたい。ここでは外観写真を中心にお伝えする。いずれも米国では2月から4月にかけて順次発売する。国内での発売は未定。

富士フイルムブース

 新製品のコンパクトデジタルカメラのうち、ブースで特に人気が高かったのがGPS機能を内蔵した「FinePix F550EXR」。「The Ultimate Travel Compact.」と銘打っており、15倍ズームレンズとGPSによる“旅カメラ”としてのアピールを行なっていた。

FinePix F550EXR(349.95ドル)

 撮像素子は1/2型有効1,600万画素裏面照射型EXR CMOSセンサー。これまでEXRセンサーはスーパーCCDハニカムだったが、今回CMOSセンサーに変更になった。同機のカタログによれば、フォトダイオードはハニカム形状ではなく四角形になっている。ただし、カラーフィルターは従来のEXRの配列を踏襲しており、解像度優先、ダイナミックレンジ優先、高感度優先を選択して撮影できる。CMOSセンサーにしたことで8コマ/秒(8コマまで)の連写が可能になったほか、裏面照射型とすることで感度の向上を図ったとしている。

GPSの設定項目

 そのほかブースに展示のあったコンパクトデジタルカメラの新モデルは以下の通り。

FinePix F500EXR(329.95ドル)。FinePix F550EXRからGPS機能を省略したモデル
FinePix S4000(279.95ドル)。1,400万画素。30倍ズームレンズ。3型液晶モニター
FinePix S3200(249.95)。1,400万画素。24倍ズームレンズ。3型液晶モニター
FinePix S2950(229.95ドル)。1,400万画素。18倍ズームレンズ。3型液晶モニター
FinePix XP30(239.95ドル)。GPS機能。防塵防水、耐衝撃性能。1,400万画素。5倍ズームレンズ。2.7型液晶モニター
FinePix Z90(169.95ドル)。1,400万画素。5倍ズームレンズ。3型タッチパネル式液晶モニター
FinePix T200(179.95ドル)。1,400万画素。10倍ズームレンズ。2.7型液晶モニター
FinePix JX350(159.95ドル)。1,600万画素。5倍ズームレンズ。2.7型液晶モニター
FinePix JX300(129.95ドル)。1,400万画素。5倍ズームレンズ。2.7型液晶モニター
FinePix JV200(109.95ドル)。1,400万画素。3倍ズームレンズ。2.7型液晶モニター
FinePix AX300(99.95ドル)。1,400万画素。5倍ズームレンズ。2.7型液晶モニター。単3電池対応
FinePix AV200(89.95ドル)。1,400万画素。3倍ズームレンズ。2.7型液晶モニター。単3電池対応

 2011年3月に発売を予定している高級コンパクトデジタルカメラ「FinePix X100」も手に取れる状態で展示していた。ただし撮影はできないプロトタイプで、フォトキナ2010で展示していたものと同じという。

FinePix X100
専用のレンズフード(左)やレンズキャップ(右)を用意する
速写ケースやロゴ入りストラップもラインナップする予定 発表済みの製品だが、FinePix X100のコーナーには多くの来場者が集まっていた



(本誌:武石修)

2011/1/7 17:56