【 2016/05/25 】
【 2016/05/24 】
【 2016/05/23 】
【 2016/05/20 】
【 2016/05/19 】

富士フイルム、GPS機能搭載の15倍ズーム機「FinePix F550EXR」を海外発表


 FUJIFILM North America Corporationは5日(現地時間)、裏面照射型CMOSセンサーと15倍ズームレンズを搭載するコンパクトデジタルカメラ「FinePix F550EXR」および「FinePix F500EXR」を米国で3月中旬に発売すると発表した。価格はFinePix F550EXRが349.95ドル、FinePix F500EXRが329.95ドル。国内での発売は未定。

FinePix F550EXR
FinePix F500EXR

 いずれも1/2型有効1,600万画素の裏面照射型CMOSセンサー「EXR CMOS」を採用。感度はISO100〜ISO12800(ISO6400は記録サイズM以下、ISO12800はSに限定)。RAW記録にも対応する。撮影モードはP/A/S/Mを装備。

 レンズは35mm判換算の焦点距離24-360mm相当、開放F3.5-F5.3の15倍ズーム。撮影可能範囲はマクロ時の広角端で5cmから、同望遠端で1.2mから。センサーシフト式の手ブレ補正機構を備える。

 FinePix F550EXRはGPS機能を搭載し、撮影画像へのジオタグ付与、位置情報による絞り込み再生、パソコンで利用できるGPSトラックデータの記録、撮影地点までの方位と距離を表示する「フォトナビゲーションモード」などを利用可能。また、FinePix F550EXRのみRAW記録が行なえる。

 連写はFinePix F550EXRがフル画素で最大8コマ/秒、FinePix F500EXRが最大3コマ/秒。最大320fpsのハイスピードムービーも記録できる。最大360度のパノラマ撮影も可能。

 動画記録は最大1,920×1,080ピクセル/30fpsに対応する。音声記録はステレオ。液晶モニターは3型約46万ドット。

 記録メディアはSDXC(UHS-I)/SDHC/SDメモリーカードに対応。内蔵メモリーはFinePix F550EXRが約39MB、FinePix F500EXRが約20MB。電源はリチウムイオン充電池。撮影可能コマ数は約300コマ。

 FinePix F550EXRの本体サイズは103.5×62.5×32.6mm。本体のみの重量は約195g。撮影時重量は約215g。

 FinePix F500EXRの本体サイズは103.5×59.2×32.6mm。本体のみの重量は約195g。撮影時重量は約215g。

(本誌:鈴木誠)

2011/1/5 17:08