【 2016/05/27 】
【 2016/05/26 】
【 2016/05/25 】
【 2016/05/24 】
【 2016/05/23 】

【フォトキナ】富士フイルム、“ハイブリッドビューファインダー”搭載の「FinePix X100」を展示

〜光学ファインダーに撮影情報をオーバーレイ表示

 富士フイルムは22日(現地時間)、フォトキナ2010においてAPS-Cサイズの撮像素子を搭載した高級コンパクトデジタルカメラ「FinePix X100」を公開し、会場の同社ブースで展示を行なっている。現在開発中で、来年3月には発売したい考えだ。価格は未定だが、「12〜15万円での販売を目指している」(ブースの説明員)という。

富士フイルムのブース FinePix X100

 FineFix X100は、レンジファインダーを思わせるクラシカルなボディデザインに、35mm判換算35mm相当の焦点距離23mm、開放F2の単焦点レンズを搭載。撮像素子にはAPS-Cサイズの有効1,230万画素CMOSセンサーを内蔵しており、画像処理エンジンとしてはEXRエンジンを搭載する。

そのスタイルが注目を集めていたFinePix X100
レンズにはフォーカスリングと絞りリング 本体背面
シャッタースピードと露出補正を行うダイヤル 本体右側面には端子カバー

 FinePix X100のハイブリッドビューファインダーシステムは、これまでファインダー用に用意されていたブライトフレームを液晶パネルに置き換えることで、光学ファインダー内に撮影情報を表示できるようになった。さらに、この液晶にセンサー出力の画像を表示することで、背面液晶と同じ画像を表示できる。この2種類のファインダー表示を切り替えられる点が、ハイブリッドと名付けられたゆえんだ。

従来のレンジファインダーなどにはブライトフレームがあったが、FinePix X100ではそれを液晶パネルに変更した
本体前面のスイッチで光学ファインダーの代わりに背面液晶モニターと同じ画像を表示することもできる こちらが光学ファインダーの表示。露出補正値などが表示されているのは、液晶パネルの表示を重ねている
違いが分かりにくいが、こちらは背面液晶モニターと同じ表示 レンズスペック

 35mm相当の焦点距離とF2と明るい大口径の固定式レンズは、フジノンブランドとして最高画質を目指して開発されたという。10cmまで近づけ、遠景からマクロ撮影、ポートレートまで幅広いシーンに対応できるレンズとなっている。ブースの説明員によれば、F2よりも明るいレンズも可能だったが、よく使われるというF4付近での画質が最も高いといった点を踏まえて仕様を決めたそうだ。なお35mm相当ということで、手ブレ補正機構は搭載されていない。

マイクロレンズの位置を変更し、周辺でも十分な光が導けるようにした デザイン構成

 画像処理エンジンのEXRプロセッサーは、APS-Cサイズセンサーでも高解像度、高感度低ノイズ、広ダイナミックレンジを実現できるように、従来よりも高速化されているそうだ。

 ボディの外観はクラシカルなカメラで、シャッタースピード、絞りなどはダイヤルで操作するマニュアル志向。ダイヤル類はアルミ削り出しの高品位なスタイルで、プロ写真家やハイアマチュアに加え、撮影は頻繁ではないが、所有欲を満たすものを身につけたい、長く手元に飾っておきたいというようなユーザーもターゲットにしているという。

 そのほか、720pのHD動画撮影機能を備え、常用感度はISO200〜6400、拡張設定でISO100とISO12800もサポートする。AFはコントラストAFだが、ほとんど問題にならないレベルまで高速化したとしている。

 ブースに出展されていたモデルはファインダー部だけが実際に動作するというレベルだったが、多くの来場者がカメラを写真に撮り、ファインダーをのぞき込むなど大きな注目を集めていた。

 富士フイルムブースではそのほか、FinePix REAL 3D W3で撮影したHD動画を3D対応テレビに表示して3D映像をアピールしたり、高倍率ズーム機のFinePix F300EXRやFinePix HS10の体験コーナーを設けていたほか、撮影した画像を選んでのフォトブック作成をサポートするiPadやAndroid端末向けアプリケーションのコンセプトを紹介するなど、幅広い展示で来場者の人気を集めていた。

FinePix REAL 3D W3 テレビに3D映像を映し、来場者の注目を集めていた
光学30倍ズームレンズを搭載したFinePix HS10 コンパクトながら光学15倍ズームのFinePix F300EXR
フォトブック作成補助アプリ。現時点ではコンセプトアプリだという レイアウトや画像を選択
好きな画像を、指を使って自由に配置できる アルバムの背景カラーも変更可能
こちらはAndroid版 マイクロソフトのSurfaceを使ったフォトブックの作成補助システムもデモ展示されていた


(小山安博)

2010/9/22 12:26