【 2016/05/24 】
【 2016/05/23 】
【 2016/05/20 】
【 2016/05/19 】
【 2016/05/18 】

富士フイルム、APS-Cセンサー搭載の「FinePix X100」を海外で開発発表


 富士フイルムは20日、APS-Cサイズの撮像素子を搭載したデジタルカメラ「FinePix X100」の開発発表を海外で行なった。発売は2011年初頭を予定。ドイツで21日に開幕するイベント「フォトキナ2010」にあわせての発表。

 APS-Cサイズの撮像素子と焦点距離23mm(35mm判換算35mm相当)F2のレンズを採用するレンズ固定式のデジタルカメラ。最大の特徴は、「Hybrid Viewfinder」と呼ぶファインダーを備えていること。

 発表資料によるとHybrid Viewfinderは、逆ガリレオ式の光学ファインダーを基本としながら、ブライトフレームの代わりに144万ドットの液晶パネルを配したもの。その液晶パネルからの映像をプリズムを介してファインダー内に取り込み、接眼レンズに導く仕組み。

 撮影者は「optical viewfinder mode」と「viewfinder mode」を切り替えることが可能で、後者では撮像素子のスルー画を確認ながら撮影できる。

 撮像素子は、1,230万画素のCMOSセンサー。周辺光量不足を補うため、センサー周囲のマイクロレンズをレンズにあわせてオフセットさせたカスタマイズ品としている。HDムービーの撮影にも対応。

 レンズは6群8枚のFujinon(Aspherical)レンズ。最短撮影距離は10cm。絞り羽根は9枚。NDフィルターも内蔵する。絞り操作は、レンズ部外周の絞りリングで行なう。

 画像処理部には新開発のEXR Processorを採用。

 本体および上面のダイヤルはマグネシウム合金製。複数の接点を備えたホットシューを搭載している。

 上面のダイヤルは2つあり、それぞれシャッター速度と露出補正を行なうものと見られる。背面にはコントロールダイヤルや独立したRAWボタンも確認できる。

 また、前面にはセルフタイマー風のスイッチもある。

 外形寸法は74.4×126.5×33.7mm。トップカバーの背面に「MADE IN JAPAN」の刻印があるが、あくまで予定とのこと。


(本誌:折本幸治)

2010/9/20 13:59