ニュース

ソニー、「α7R IV」「α7R III」「α7 III」「HVL-F60RM」「HVL-F45RM」を更新

カメラから純正ストロボの設定操作が可能に

α7R IV

ソニーは12月17日、ミラーレスカメラ3機種とクリップオンストロボ2機種の最新ファームウェアを公開した。

主なトピックは、外部フラッシュ設定機能の追加。カメラのカスタムボタンへの割り当てなどから外部ストロボの設定画面を呼び出すと、クリップオンストロボやコマンダーの背面ディスプレイに近い画面構成がカメラ側に表示され、カメラから設定操作が行える。

各機種の更新内容は次の通り(引用)。

ILCE-7RM4(Ver.1.10)

・マイメニューにカスタマイズした設定の保存・読み込みに対応

・外部フラッシュ設定機能の追加
 カメラ側の操作によって、カメラに取り付けたフラッシュ/電波式ワイヤレスコマンダー(*)の設定ができるようになりました。 機能紹介動画
 (*)対応機種(2019.12.17 現在)
 HVL-F60RM / HVL-F45RM はVer2.00以降へのアップデート、FA-WRC1Mはアップデート[近日公開予定]が必要です。
 対応アクセサリのアップデートページはこちら

・動作安定性向上

ILCE-7RM3(Ver.3.10)

・外部フラッシュ設定機能の追加
 カメラ側の操作によって、カメラに取り付けたフラッシュ/電波式ワイヤレスコマンダー(*)の設定ができるようになりました。 機能紹介動画
 (*)対応機種(2019.12.17 現在)
 HVL-F60RM / HVL-F45RM はVer2.00以降へのアップデート、FA-WRC1Mはアップデート[近日公開予定]が必要です。
 対応アクセサリのアップデートページはこちら

・動作安定性向上

ILCE-7M3(Ver.3.10)

・外部フラッシュ設定機能の追加
 カメラ側の操作によって、カメラに取り付けたフラッシュ/電波式ワイヤレスコマンダー(*)の設定ができるようになりました。 機能紹介動画
 (*)対応機種(2019.12.17 現在)
 HVL-F60RM / HVL-F45RM はVer2.00以降へのアップデート、FA-WRC1Mはアップデート[近日公開予定]が必要です。
 対応アクセサリのアップデートページはこちら

・動作安定性向上

HVL-F60RM(Ver.2.00)

・カメラの「外部フラッシュ設定機能」追加に対応
 カメラからフラッシュの設定ができるようになりました
 ・[外部フラッシュ設定]機能は、フラッシュをカメラに直接取り付けたときのみ使用できます。ケーブルを使ったオフカメラでのフラッシュ撮影時には使用できません。
 ・対応機種は ILCE-7RM3 Ver.3.10以降、ILCE-7M3 Ver.3.10以降、ILCE-7RM4 Ver.1.10以降です。(2019.12.17現在)
 それ以前のバージョンの場合はカメラのアップデートが必要です。

HVL-F45RM(Ver.2.00)

・カメラの「外部フラッシュ設定機能」追加に対応
 カメラからフラッシュの設定ができるようになりました
 ・[外部フラッシュ設定]機能は、フラッシュをカメラに直接取り付けたときのみ使用できます。ケーブルを使ったオフカメラでのフラッシュ撮影時には使用できません。
 ・対応機種は ILCE-7RM3 Ver.3.10以降、ILCE-7M3 Ver.3.10以降、ILCE-7RM4 Ver.1.10以降です。(2019.12.17現在)
 それ以前のバージョンの場合はカメラのアップデートが必要です。

HVL-F60RM

本誌:鈴木誠