【 2016/05/27 】
【 2016/05/26 】
【 2016/05/25 】
【 2016/05/24 】
【 2016/05/23 】

写真で見るオリンパス・ペンE-P2(試作機)

Reported by 本誌:武石修

外付け電子ビューファインダー「VF-2」を装着したE-P2(ブラック)。レンズはM.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8

 オリンパスが12月上旬に発売するレンズ交換式デジタルカメラ「E-P2」をお借りすることができたので、外観などを中心にお伝えする。なお、実写画像は後日掲載する予定。

 E-P2は、7月3日にオリンパスが発売したE-P1の上位モデル。外観の形状はE-P1と大きく変わらないが、E-P1登場時から要望のあったブラックボディが追加された。機能面では、EVFや外付けマイクに対応するアクセサリーポートを新設したほか、新アートフィルターや新仕上り設定「i-FINISH」などを搭載した。

 ブラックボディは、上下カバーがツヤ消しのマットな黒で落ち着きがある一方、前面および側面を覆うカバーは光沢のある塗装を施している。光沢を持たせた部分は、ブラックというよりガンメタリックといった印象だ。シルバーモデルと同様のヘアライン仕上げも見ることができる。EVFは、カラーフィルター式の144万ドット相当。映像がくっきりしており大変見やすかった。

※掲載した個体は試作品のため、製品版と一部異なる場合があります。


外観

・ブラック

トップカバーはマットな風合いで、OLYMPUSロゴはホワイトになった。ロゴの両脇にステレオマイクを備える。アクセサリーポートの新設により、ホットシュー部分が少し盛り上がった E-P1と同様のグリップを備える
マウント 撮像素子
レンズ取外しボタン 前面右下にマイクロフォーサーズマークが付く
シャッターボタン周り モードダイヤル
背面ボタン。レイアウトはE-P1と同じだ 前面および側面のカバーはガンメタリック調で、光沢がある
ストラップ取付け金具は三角環式で、2点吊りができる ホットシューの下部分に新設したアクセサリーポート
側面の端子カバーを開けたところ。上からUSB/AV出力およびHDMI端子 バッテリーおよびメモリカードスロット
付属のバッテリーと充電器。バッテリーはE-P1と同じ「BLS-1」 付属のネックストラップ

・シルバー

シャッターボタン周り グリップがE-P1の濃い茶色から薄い茶色になった

電子ビューファインダー「VF-2」

ブラック シルバー
ファインダー内
側面 液晶モニターとVF-2の表示切り替えボタンを備える
VF-2の接続端子 接眼部分を回転させることで視度補正ができる
付属のポーチ。カメラのネックストラップなどに取付けることも可能

・装着例(ブラック)

VF-2は、上90度までチルトできる

・装着例(シルバー)

メニュー画面など

・アートフィルター

E-P2では新たに、ミニチュア風に写る「ジオラマ」と、通常とは違った発色になる「クロスプロセス」が加わった

・i-FINISH

仕上りモードには、主要被写体をより引き立てて写すことができるという「i-FINISH」を搭載。コントラスト、シャープネス、彩度、効果などの設定もできる

・動画機能

新たに動画撮影時のマニュアル設定が可能になった マニュアルモードでの動画撮影画面。絞り、シャッター速度、ISO感度を任意に設定できる

・動体追尾AF

動く被写体を追いかける「動体追尾AF」も新搭載 追尾しているところ

・撮影画面など

撮影画面 ライブコントロールも引き続き搭載

レンズ装着例

・ブラックボディにM.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8

・ブラックボディにM.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6(ブラック)

・シルバーボディにM.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8

・シルバーボディにM.ZUIKO DIGITAL ED 14-42mm F3.5-5.6(シルバー)



武石 修

2009/11/17/ 14:31

デジカメ Watch ホームページ
・記事の情報は執筆時または掲載時のものであり、現状では異なる可能性があります。
・記事の内容につき、個別にご回答することはいたしかねます。
・記事、写真、図表などの著作権は著作者に帰属します。無断転用・転載は著作権法違反となります。必要な場合はこのページ自身にリンクをお張りください。業務関係でご利用の場合は別途お問い合わせください。

Copyright © 2016 Impress Corporation. All rights reserved.