ニュース

オリンパス、デジカメ9機種のファームウェアを更新

手ブレ補正機能のアップデートなど

オリンパスは1月28日、デジタルカメラ9機種のファームウェアを更新した。

対象機種の1つOLYMPUS OM-D E-M5

いずれの機種も、2月末に発売される手ブレ補正機構搭載レンズ「M.ZUIKO DIGITAL ED 300mm F4.0 IS PRO」に対応したアップデートが含まれる。

そのうちE-M5、E-M10 Mark II、E-M10、E-P5、E-PL7については、レンズ側の手ブレ補正に加えてボディ側の手ブレ補正機構も働き、回転ブレの補正効果が得られる。

OLYMPUS OM-D E-M5/E-M10 Mark II/E-M10/E-P5/E-PL7

・オリンパス製の手ぶれ補正機能搭載レンズに対応しました。

* カメラ本体がIS搭載レンズを認識して、最適な手ぶれ補正効果が得られるようになります。

* 5軸シンクロ手ぶれ補正には対応していません。

* レンズのIS機能による手ぶれ補正効果と共に、ボディのIS機能により回転ぶれ補正効果も得られます。

・Windows10に対応しました。

OLYMPUS PEN Lite E-PL6/E-PL5/E-PM2

・オリンパス製の手ぶれ補正機能搭載レンズに対応しました。

* カメラ本体がIS搭載レンズを認識して、最適な手ぶれ補正効果が得られるようになります。

* 5軸シンクロ手ぶれ補正には対応していません。

・Windows10に対応しました。

OLYMPUS AIR A01

・オリンパス製の手ぶれ補正機能搭載レンズに対応しました。

* 動画モード時にも最適な手ぶれ補正効果が得られます。

・Windows10に対応しました。