ニュース

キヤノンEOS M3新CM発表会に妻夫木聡さんが登場

オペラ座から、パリの夕日を撮影

キヤノンマーケティングジャパンは3月19日、ミラーレスカメラの新製品「EOS M3」の新CM発表会を都内で開催した。会場にはCMに出演する俳優の妻夫木聡さんが駆けつけた。

EOS M3

EOS M3は、同社が3月26日に発売するミラーレスカメラ。有効2,420万画素のAPS-Cサイズ相当CMOSセンサー、3型のチルト式液晶モニター、Wi-Fi/NFC機能などを搭載。新たに、一眼レフのEOSのようなモードダイヤルを備えたほか、外付けEVFにも対応した。ボディのみの直販価格は税別5万6,800円。

発表会のオープニングは「オペラ座の怪人」にちなんでファントムが登場

日本初の“オペラ座屋上撮影”に挑戦

新TVCMは「世界を手に入れろ」篇(15秒)。日本のCMとしては初めてオペラ座(フランス・パリ)の屋上で撮影した。3月26日から全国で放映する。30秒版は放映日未定。

妻夫木聡さん。「パリは美術館を歩いているような感じ」とパリでのCM撮影を楽しんだようだ

CMでは、妻夫木さんがオペラ座の屋上からパリに沈む夕日をEOS M3で撮影する姿を印象的に描いた。

CMカット
CMカット

オペラ座の屋上は地上80mの高所。普段立ち入れない場所で強風を受けながらの撮影となった。

メイキングカット

パリに行ったのは初めてという妻夫木さんは、「高いところは得意ではないが、撮影中は忘れてしまう。パリの街を見下ろす機会をもらえたのはありがたい。屋上からの景色は街並みと空の対比が美しく、EOS M3で無心になって写真を撮っていました」と感激した様子。

妻夫木さんが自らEOS M3で撮影した写真も披露された
妻夫木さんが撮影した写真
妻夫木さんは、撮影の合間にはパリの街に繰り出して撮影を楽しんだとのこと。こちらは街中で撮った1枚

「説明書を読まなくてもすぐ撮れて使いやすいです。ダイヤルで撮影モードを直感的に変えられるのも気に入りました。今回は絞り優先が多かったのですが、クリエイティブアシストにして色味を変えたり色々試しました。街中では歩いている人の後ろ姿にこだわって撮影していましたが、前モデルよりもすぐピント合うまでの時間が格段に短くなっていたのもよかったです」

クリエイティブアシストの操作を熱心に説明した
「EVFは持っておいた方がいいです。上からも覗けるので、かなり使えると思います」とEVFも気に入った様子

妻夫木さんが同社のコミュニケーションパートナーになったのは初代EOS Mが登場した2012年。EOS M3を「頼りがいのある相棒」と話し、すっかりカメラにはまっているようだった。

手に入れたいものは? との質問には、「世界に飛び出す勇気が欲しいですね。どちらかというと温泉でゆっくりしたい方なので。ニューヨークは行ったことがないので、勇気を出してその街並みみを撮ってみたいですね」

妻夫木さんは最後に、「総合的なバランスが素晴らしく、特に旅行にはいいカメラと感じた。EOS M3で新しい世界に触れてもらえたら嬉しい」と結んだ。

購入して応募するとアクセサリーがもらえるキャンペーンも実施している。レンズキャップケースは非売品
キャッシュバックキャンペーンも
数量限定のEVF同梱キットも用意される