ニュース

「SIGMA Photo Pro 6」の最新版が公開

解像感が向上 アスペクト比7:6にも対応

シグマは2月26日、RAW現像ソフト「SIGMA Photo Pro 6」の最新版を公開した。

更新内容は以下の通り(引用)。

SIGMA Photo Pro 6.2.1 Windows版
  • Quattroシリーズで撮影したRAWデータ(X3Fファイル)の現像処理を見直し、解像感を向上させました。
  • Quattroシリーズで撮影したRAWデータ(X3Fファイル)のアスペクト比(縦横比)に7:6を追加しました。
  • Merrillシリーズの画像サイズMEDのRAWデータ(X3Fファイル)を現像すると、画像周辺部に色付が発生する現象を修正しました。
  • 印刷設定のプリントサイズにおいて「用紙サイズに合わせる」を選択すると印刷が出来なくなる不具合を修正しました。
  • SD9、SD10、SD14でバルブ撮影したRAWデータ(X3Fファイル)がレビューウインドウに表示されないバグを修正しました。
  • SD1及びMerrillシリーズ、Quattroシリーズ以外のカメラで撮影したRAWデータ(X3Fファイル)をレビューウインドウ上で「オート」を選択するとJPEGやTIFFに保存できなくなる現象を修正しました。
  • 8bit TIFFで保存した画像が一部の他社ビュワーで正常に表示されないバグを修正しました。
SIGMA Photo Pro 6.2.1 Macintosh版
  • Quattroシリーズで撮影したRAWデータ(X3Fファイル)の現像処理を見直し、解像感を向上させました。
  • Quattroシリーズで撮影したRAWデータ(X3Fファイル)のアスペクト比(縦横比)に7:6を追加しました。
  • Mac OS X10.9.5及び10.10の新たなGatekeeperの仕様に対応しました。
  • Merrillシリーズの画像サイズMEDのRAWデータ(X3Fファイル)を現像すると、画像周辺部に色付が発生する現象を修正しました。
  • SD9、SD10、SD14でバルブ撮影したRAWデータ(X3Fファイル)がレビューウインドウに表示されないバグを修正しました。
  • 8bit TIFFで保存した画像が一部の他社ビュワーで正常に表示されないバグを修正しました。