ニュース

ニコン、24-1,440mm相当の60倍ズーム機「COOLPIX P600」

Wi-Fi内蔵。野鳥の手持ち撮影モードなど搭載

 ニコンは、高倍率ズームレンズ搭載のレンズ一体型デジタルカメラ「COOLPIX P600」を2月27日に発売する。カラーはブラックとレッドの2色。店頭価格は5万5,000円前後の見込み。

ブラック
レッド

 35mm判換算24-1,440mm相当の60倍ズームレンズを搭載するレンズ一体型のデジタルカメラ。「COOLPIX P520」(2013年2月発売)は24-1,000mm相当の42倍ズームで、60倍ズームはCOOLPIX史上最高のズーム倍率としている。また、Wi-Fi機能を新たに備えた。

 P600では新たに、超望遠撮影向けに「月」と「鳥」のモードを追加。カメラによる自動露出設定で、難しいとされる月や野鳥の手持ち撮影が容易になるという。

 撮像素子は有効1,605万画素の1/2.3型裏面照射型CMOSセンサー。最高感度はISO6400(「高感度モノクロ」時はISO12800相当のHi 1まで設定可)。

 レンズ前1cmのマクロ撮影にも対応。

 液晶モニターは約92万ドット(白画素入りRGBW方式)の3型バリアングル式。0.2型約20万ドットのEVFも備える。

 記録メディアはSDXC/SDHC/SDメモリーカード。内蔵メモリーは約56MB。

 バッテリーはリチウムイオン充電池「EN-EL23」。撮影可能枚数は約330枚。

 外形寸法は約125×85×106.5mm。電池、SDメモリーカードを含む重量は約565g。